ブルックリンの反対側からの眺め

ハドソン川を挟んでマンハッタンの逆側に位置する川沿いの街、ホーボーケンからのリポートです。

マンハッタンのダウンタウンに位置するワールドトレードセンターパスステーション(World Trade Center PATH station)の新しい駅ビルを見るついでにその地下からホーボーケンに通じるパス(PATH)に乗って街を少しブラついてきました。

 

DSC03272

地下のパス乗り場につながる改札口

 

新しい駅ビルはスペイン人の建築家サンチャゴ•カラトバラによって設計された恐竜の骨を思い起こさせる斬新な建物で、ビルの内部は複合商業施設となっています。そこからパスはニュージャージー州のニューアーク空港と同州にあるホーボーケンの二箇所に向かって出発します。

 

DSC03282

駅ビル内部天井

 

2016年に新しく設立された駅校舎を離れ約10分、ハドソン川の下をトンネルでくぐり3つ目の1910年に建てられたホーボーケン駅に到着します。ホーボーケン駅(ホーボーケンターミナル)はニュージャージーの公共交通のハブとなる場所でそこから、電車、バス、フェリー(ニューヨークとつなぐ)が出発しています。駅校舎内は再構築されたものの、昔ながらの雰囲気を残す情緒の漂う空間です。

 

DSC03172

ターミナル内部待合室

 

DSC03176

ターミナル内部待合室

 

DSC03188

ターミナル外観

 

駅を出るとすぐにハドソン川に沿って伸びるホーボーケンウォーターフロントウォークウェイがあります。マンハッタンそしてブルックリンの川沿いの公園と比べると非常に人が少なく、山のようなスカイラインを形成しているマンハッタンを川越にのんびりと距離をおいて眺めることができます。

 

DSC03167

ウォーターフロントへの案内

 

DSC03224

ダウンタウンマンハッタン、フリーダムタワー

 

DSC03215

ピアAパーク

 

川沿いから4ブロック(300メーターほど)街の内側に入るとメインストリートのワシントンストリートにぶつかります。その近辺の街並みはブルックリンに似ていてメインストリートに連なるチェーンストアーに加え、新しくカフェやパン屋などが街の内部に点在し始めています。やはり一番の老舗は創業100年以上のBake Shopです。しかし散策をすればまだまだ何か発見がありそうですね。ローカル色の濃いキューバのレストランが気になりました。

 

DSC03257

ホーボーケンの小道

 

DSC03261

コーナーカフェ
角度を少しずらせた良い散策だったのでまた訪れたい場所のひとつになりました

 

参考:パスはマンハッタンの33丁目からも出発し、クリストファー駅から一駅でホーボーケンにつきます。パスの一回の乗車料金は$2.75(2016年8月現在)

 

map

 

DSC03147

プラットフォームの表示

DSC03156

ニュージャージトランジットの電車の行き先表示

 

DSC03155

電車の発着掲示板

DSC03183

スケジュールを確認する

DSC03186

パス、フェリー、電車、バス乗り場への案内

DSC03191

フェリー発着所の屋根

 

NOBORU

NOBORU AKIYOSHI

UI/UX Designer

More stories from this editor


イスラム建築の最高傑作セリミエ モスク  エディルネ、トルコ

2018/8/14 646

今回はトルコのエディルネにあるセリミエモスクについて書かせていただく。まず、エディルネについて書かせていただくとその場所は、トルコ、ブルガリア、ギリシャとの国境のトルコ側に位置し、今のイスタンブールがオスマントルコの首都 Read More

バリ島/プライベートヴィラでお誕生日会

2018/7/25 927

先日は日本からのお友達のお誕生日会。 スミニャックのプライベートヴィラで行われました。 Sweetな主役girlのイメージでデコレーションさせてもらいました。 ケーキとカップケーキも用意。 ケーキのクリームがバリには珍し Read More

バリ島/Soul on the Beach

2018/7/25 1240

サヌールにはビーチ沿いにレストランがたくさん。 遠浅で波もおだやかでとっても心地よいです。 この日はJl. PANTAI SINDUから入ったビーチ沿い人気レストランSoul on the Beachい行ってきました。 Read More

ヒップでアートなポップタウン カパナ、ブルガリア

2018/7/15 2655

前回にひき続きブルガリア第二の都市プロヴディフについて書かせていただく。今回はそんな中でも町の中心部に位置するカパナと呼ばれるヒップでアーティスティックな街カパナについて書かせていただく。この街はもともと職人たちの街であ Read More