OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

モエヘネシーアジアパシフィックのデューティーフリーをはじめ高級シガーブランド ダビドフのジェネナルマネージャー等を歴任。その他多くのブランドビジネスに関わってきた。現在は、趣味の食事、旅行、歴史探究が高じて、ラグジュアリートラベラーとして国内外の旅行の執筆が生活のベースとなっている。

日本人にピッタリ! 温泉の町ブダペスト 

2016/8/15 6274

中欧で美しい町といえば、プラハ、ブダペストがすぐに浮かぶと思います。今日は、王宮、教会、砦、国会議事堂、それと町を覆いつくす数々の美しい建築物があふれるブダペストについてご紹介させていただきます。とはいえ、その街並みにつ Read More

トランシルヴァニアの青い空 ルーマニア

2016/8/12 5604

みなさん、トランシルヴァニアをご存知ですか?ルーマニアの西の大部分を占める地域で、昔はハンガリー王国、オーストリア=ハンガリー帝国に属していた地方です。ですから、ここにはまだ多くのハンガリー人が住んでいます。この地域はド Read More

遠い国。行ってみると楽しい国。ウルグアイ

2016/7/30 6091

みなさん、ウルグアイってどこにあるかわかりますか?南米のブラジルとアルゼンチンにはさまれた国です。正式国名をウルグアイ東方共和国といいます。東方共和国って何って思いますが、これは南米の大河ラプラタ川の東方にある国ってこと Read More

山にする?海にする?それともお茶にする? スロベニア II

2016/7/21 8389

今回は、スロベニアの海辺の町を紹介することにする。リュブリャナから車で約一時間でスロべニアの海の玄関である地中海の町コぺルに着く。その道中に、ポストイナ鍾乳洞群があり、その延長は20kmに達する。 話は、海辺に戻るが、海 Read More

音楽にあふれたアールヌーヴォーの都 リガ、ラトヴィア

2016/7/19 1720

よくバルト三国という風にエストニア、ラトヴィア、リュトア二アの三国は呼ばれているが、実は結構この三国のその個性は違う。自分的には、エストニアはスカンジナヴィア諸国ぽく、リュトアニアはポーランドぽい。そしてリガはドイツ以上 Read More

これ やりすぎでしょう!宮殿の街サンクトペテルブルグ II

2016/7/14 6511

サンクトペテルブルグといって、まずみなさんがイメージするのはエルミタージュ美術館ではないでしょうか。確かにすごい。どうすごいかというと、まずそのサイズ。自分は友人の待ち合わせ時間に遅れないように美術館を出ようと思い、出口 Read More

アドリア海の真珠 ”ドゥブロヴニク” ダルマチアコースト、クロアチア

2016/7/12 3710

今や、スペイン、南フランス、イタリアと並ぶ夏の人気リゾートとしての定番、クロアチアのダルマチアンコースト。そこには、ザダール、スプリットや、多くの島々をはじめとするそれぞれ人気のリゾートタウンがある。しかしそこに、輝かし Read More

夏のクロアチアンリゾートへ  リエカ、オパティア

2016/7/6 4460

クロアチアに旅立つ前、筆者はドイツのミュンヘンに2泊ほど滞在していた。8月というのに、毎日しとしとと雨が降り、気温も15度程と薄ら寒い。クロアチアのリエカにはここから、夜行の寝台車に乗って向かうことになっていた。海に行こ Read More

この夏行こうモンテネグロ共和国!ブドヴァ、コトル、ヘルツェグノヴィ!

2016/6/30 5542

モンテネグロ共和国といわれ、皆様何が思い浮かびますか?おそらく普通の日本人には、まったくもってゼロ。何も浮かんでこないとおもいます。旧ユーゴスラビアの中の一国で2006年に独立した、まだ若い国です。地理的には、アドリア海 Read More

ヨーロッパ東端のハプスブルクの街  ウクライナ II リヴィウ編

2016/6/9 2909

: みなさん、リヴィウって街をご存知ですか?なかなかみなさんご存じでないのではないかと思います。リヴィウはウクライナの西の端にあります。人口は100万に近く、大きな町です。この街は、第一次世界大戦前まではオーストリア・ハ Read More

日本人があまり知らない美しい国 ウクライナ I

2016/6/6 7103

みなさん、ウクライナと言って何を思い浮かべますか?クリミア紛争。。。そして?そうなんです。ウクライナという国は日本ではあまりその詳細が知られていない国なんです。ウクライナは、1991年のソヴィエト崩壊に伴い独立した新しい Read More

ドイツ王侯の温泉街 ヴィースバーデン

2016/5/29 3576

筆者は、過去、ドイツ周辺の温泉地としては、ドイツ南西部のバーデンバーデン。チェコのカルロヴィバリなどに行っている。いずれも、オープンで明るい温泉地であるが、とは言えやはりヨーロッパの温泉って日本の温泉とは違うよなと思って Read More