ドイツバロックを極める レジデンツ、ヴュルツブルク

img_6184

ヴュルツブルクのレジデンツをご存知ですか?18世紀に大司教のために建てられたドイツバロックを代表するヨーロッパでも屈指の壮麗な宮殿である。もちろん世界遺産に登録されている有数の宮殿でもある。場所は、フランクフルト国際空港から列車で一時間のヴュルツブルクに存在する。

img_6190

この宮殿の見どころは最初の階段の間である。柱がない吹き抜けは広大で数多くの銅像がちりばめられている。また、その大きな天井にあるフレスコ画は、世界最大の天井画である。とにかく壮大で豪華である。

img_6187img_6191img_6189

階段の間から大広間へと入る。本当に天井が高く広大で、その中を数々の芸術が埋め尽くしているというバロックの極みの部屋である。フラスコ画、シャンデリア、壁面の数えきれない装飾、どれをとっても、まったくの妥協を見せない芸術の嵐である。

img_6192img_6193

次に数多くある部屋を見て回る。まず目が行くのは一つ一つの照明に施された細工の美しさと配色。

img_6195

壁面や部屋中にあふれかえる芸術の数々。この部屋には一体、何人の天使がいるのか数える気にもならない。

img_6764

当時の大司教というのはいったいどんな生活を送っていたのだろうか。日本に育った自分には、宗教家がこんな華やかなところで生活していたというのが信じられない部屋の数々だ。

img_6197img_6199img_6196

もちろん建物の背面に広がる庭園は非常に広大で、素晴らしく芸術的に整備されている。まったくのすきを感じさせない宮殿である。ただ不思議なことにこれだけの宮殿にもかかわらず、金曜日の午後に観光客が全くいなく、恐ろしいまでにこの宮殿を独占できたことは非常にラッキーだ。

275px-2004-06-27-germany-wuerzburg-lutz_marten-residenz_side_view_1

img_6194

ビュルツブルクはレジデンス以外に街自体がバロックやルネッサンスにあふれた素晴らしい街なので、是非訪れる価値があるといえるでしょう。

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


2022年の一番摘み新茶を楽しめるGong cha「特選一番摘み抹茶ミルクティー&フローズン」6月2日(木)期間限定で発売されます。

2022/5/27 184

1996年に台湾で創業し、世界で1,700 店舗以上を展開するグローバルティーブランド「Gong cha」。日本へは2015年に東京・原宿表参道に上陸しタピオカミルクティが大ヒットしました。 2022年、この夏、いち早く Read More

【FLOWER TRUCK®︎ on a road trip】FLOWER TRUCK®︎で日本一周!!全国の花卉生産者を訪れ応援したい!!

2022/5/16 545

東京港区南青山を拠点とするオーダーメイドのフローリスト『florist.norikonagashima』がクラウドファンディング『Makuake』サイトにて、3つのプロジェクトを同時進行でチャレンジします!! ①FLOW Read More

日光の自然に包まれたライフスタイルホテル『SHELTER GARDEN』手作り空間の温もりに寛ぎ癒される…

2021/11/30 1665

2021年10月の終わり、まだ紅葉が始まったばかりの日光を訪れました。いろは坂をドライブして中禅寺湖を周り、いろは坂を下る…渋滞を覚悟していましたが、平日のためか、それ程の混雑もなくゆっくりと紅葉を愉しみまし Read More

本場ドイツのクリスマスマーケット  シュトゥッガルト

2021/11/1 1106

今年もクリスマスシーズンが近ずいてきた。クリスマスといえば、ドイツのクリスマスマーケット。今回はドイツでも、ドレスデン、ニュルンベルクと並ぶドイツ三大クリスマスマーケットのシュトゥッガルトのクリスマスマーケットを紹介する Read More