ドイツバロックを極める レジデンツ、ヴュルツブルク

img_6184

ヴュルツブルクのレジデンツをご存知ですか?18世紀に大司教のために建てられたドイツバロックを代表するヨーロッパでも屈指の壮麗な宮殿である。もちろん世界遺産に登録されている有数の宮殿でもある。場所は、フランクフルト国際空港から列車で一時間のヴュルツブルクに存在する。

img_6190

この宮殿の見どころは最初の階段の間である。柱がない吹き抜けは広大で数多くの銅像がちりばめられている。また、その大きな天井にあるフレスコ画は、世界最大の天井画である。とにかく壮大で豪華である。

img_6187img_6191img_6189

階段の間から大広間へと入る。本当に天井が高く広大で、その中を数々の芸術が埋め尽くしているというバロックの極みの部屋である。フラスコ画、シャンデリア、壁面の数えきれない装飾、どれをとっても、まったくの妥協を見せない芸術の嵐である。

img_6192img_6193

次に数多くある部屋を見て回る。まず目が行くのは一つ一つの照明に施された細工の美しさと配色。

img_6195

壁面や部屋中にあふれかえる芸術の数々。この部屋には一体、何人の天使がいるのか数える気にもならない。

img_6764

当時の大司教というのはいったいどんな生活を送っていたのだろうか。日本に育った自分には、宗教家がこんな華やかなところで生活していたというのが信じられない部屋の数々だ。

img_6197img_6199img_6196

もちろん建物の背面に広がる庭園は非常に広大で、素晴らしく芸術的に整備されている。まったくのすきを感じさせない宮殿である。ただ不思議なことにこれだけの宮殿にもかかわらず、金曜日の午後に観光客が全くいなく、恐ろしいまでにこの宮殿を独占できたことは非常にラッキーだ。

275px-2004-06-27-germany-wuerzburg-lutz_marten-residenz_side_view_1

img_6194

ビュルツブルクはレジデンス以外に街自体がバロックやルネッサンスにあふれた素晴らしい街なので、是非訪れる価値があるといえるでしょう。

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


Nipponのいいとこシリーズ  紙漉き体験場 紙to和 大阪

2018/12/11 372

みなさん、紙漉きをやったことありますか?もちろんないですよね!言葉だけは聞いたことあるが, というのが大半じゃないでしょうか?紙漉きは、日本古来の製法で和紙を作る作業のことです。そんな和紙作りの体験が大阪にある「紙to和 Read More

How to Packing

2018/12/4 862

    こんにちは:)! 弾丸トラベラーapiiicoです。 インスタだけの投稿でしたが、これから行った国や旅の様子を少しずつ記録、シェアできればと思います❇︎   後日談にな Read More

石垣島/サンセットsup

2018/11/29 650

日本の最南端リゾート地 “石垣島” で行う「サンセットsup」。 ビーチエントリーから水平線に沈む夕日に向かって。 時には幻のグリーンフラッシュを見る事も。 時を忘れ、海の上で一日が静かに終えるのをのんびりと過ごす格別な Read More

デザート美味かっ台湾

2018/11/17 1214

今回は15年以上ぶりに訪れた台湾!今や多くのLCCが日本との間に飛び、国内旅行感覚で行ける気安さもあり、友人に誘われ三日前に飛行機を予約していざ出発!前回の台北は仕事のカンファランスのために訪問。ありきたりにいいレストラ Read More