ドイツバロックを極める レジデンツ、ヴュルツブルク

img_6184

ヴュルツブルクのレジデンツをご存知ですか?18世紀に大司教のために建てられたドイツバロックを代表するヨーロッパでも屈指の壮麗な宮殿である。もちろん世界遺産に登録されている有数の宮殿でもある。場所は、フランクフルト国際空港から列車で一時間のヴュルツブルクに存在する。

img_6190

この宮殿の見どころは最初の階段の間である。柱がない吹き抜けは広大で数多くの銅像がちりばめられている。また、その大きな天井にあるフレスコ画は、世界最大の天井画である。とにかく壮大で豪華である。

img_6187img_6191img_6189

階段の間から大広間へと入る。本当に天井が高く広大で、その中を数々の芸術が埋め尽くしているというバロックの極みの部屋である。フラスコ画、シャンデリア、壁面の数えきれない装飾、どれをとっても、まったくの妥協を見せない芸術の嵐である。

img_6192img_6193

次に数多くある部屋を見て回る。まず目が行くのは一つ一つの照明に施された細工の美しさと配色。

img_6195

壁面や部屋中にあふれかえる芸術の数々。この部屋には一体、何人の天使がいるのか数える気にもならない。

img_6764

当時の大司教というのはいったいどんな生活を送っていたのだろうか。日本に育った自分には、宗教家がこんな華やかなところで生活していたというのが信じられない部屋の数々だ。

img_6197img_6199img_6196

もちろん建物の背面に広がる庭園は非常に広大で、素晴らしく芸術的に整備されている。まったくのすきを感じさせない宮殿である。ただ不思議なことにこれだけの宮殿にもかかわらず、金曜日の午後に観光客が全くいなく、恐ろしいまでにこの宮殿を独占できたことは非常にラッキーだ。

275px-2004-06-27-germany-wuerzburg-lutz_marten-residenz_side_view_1

img_6194

ビュルツブルクはレジデンス以外に街自体がバロックやルネッサンスにあふれた素晴らしい街なので、是非訪れる価値があるといえるでしょう。

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


今夏からクルーズ航海再開!まずは「EMBARK – The Series」でお家クルーズの旅へ!

2021/6/2 155

世界中でコロナウイルスのワクチンを接種できる目処がつき、旅行の計画を立てている人たちが増えています。そんな中、高級クルーズ船たちも運行の再開を発表しています。優雅で楽しいクルーズの旅を楽しもうと思っていた矢先に、コロナ禍 Read More

「Tasting South Australia 2021」4月24日(土)渋谷スクランブルスクエアにて開催!

2021/4/23 268

近年、オーガニックやエコ大国として特に注目が集まっているオーストラリア。 とりわけ南オーストラリア州は、サステナブルなモノづくりを行うパイオニアでもあります。 観光客の多い主要都市ほどは知られていない、しかし豊かな自然の Read More

美食の国フランス生まれのグルメバーガーBIG Fernand

2021/4/15 235

ハンバーガーと言ったらアメリカですが、美食の国フランス“パリ”で生まれたBIG Fernandでグルメなハンバーガーをいただきました。 行ったのは、カンヌの駅のすぐそば。 お店も新しくロッジ風の素敵なインテリア。ところど Read More

京都でスカンジナビアを感じさせるミニマルなホテル

2021/4/15 250

なぜここに?!京都のディープなところにできた北欧デザインのホテル『THE REIGN HOTEL KYOTO』。眠り・食・アート&クリエイティブの質を高めることで、新しい感覚の京都滞在を体験できるデザインホテル。 Read More