KAORUKO INOU

Underwater Reporter

水中レポーター・水中モデル・ライター、MC、司会者。日本海外問わず、海のある所へはどこへでも取材に行き、水中ではモデルとして写り込み、陸に上がればライターとして執筆活動を行う。自分でも水中カメラで、写真・動画の撮影も行う。スキューバダイビングと海の総合サイト「Ocean+α」でも、日々、海やダイビングについて執筆中。トンガではクジラ、御蔵島ではイルカ、オーストラリア/パースではアシカ、メキシコ/カンクンではバショウカジキなど、世界の海洋哺乳類たちと泳ぐスペシャルトリップを、日本でのゲストケアから現地ガイドまで担当。今一番やりたいことは、世界中の水中からのレポ―ト。25歳の時には、日本全国制覇、世界20か国を巡り、日々更新中。■2014.2~2015.3 伊豆大島観光復興大使「ミス椿の女王」として、震災復興にも尽力する。■現在は、日本で唯一の水中モデル・ライターを兼任する水中レポーターとして、世界中の綺麗な海や、クジラなどの生物・生態はもちろん、東日本大震災の3.11の期間には、毎年東北地方(南三陸、陸前高田、女川)に赴き、陸では法要の取材、そして実際に水温1~3度の海に潜り、“その時”を写真と文字で伝えている。

日曜日の異文化体験 トンガホエールスイム2016

2016/9/29 1943

こんにちは、水中レポーターの稲生薫子です。 トンガホエールスイムのレポート第二弾は、トンガの日曜日の過ごし方! ぜひご覧ください☆ *** トンガは法律で日曜日は基本的には仕事をしてはいけないことになっている。 私たちが Read More

水底の珊瑚・白砂・凪の海でクジラと遭遇 トンガホエールスイム2016

2016/9/19 3446

こんにちは、水中レポーターの稲生薫子です。わたしは2016年の8月末~9月末にかけて、トンガ王国でザトウクジラを泳ぐツアーの現地ガイドとしてきています。今年でガイドをはじめて4年が経ちました。今年のホエールスイムのレポー Read More

バハマでドルフィンスイム乗船記・後半

2016/8/9 6012

夢のバハマブルーにとける 乗船4日目にはついに夢の“バハマブルー”でイルカに遭遇! 見渡す限りの水色の海と、白い砂地の砂紋に胸が躍ります。しかし、感動に浸っている暇もないままにイルカと泳げることになり、この時初めて水中カ Read More

バハマでドルフィンスイム乗船記・前半 ~5年越しの夢、感動するの忘れるくらい感動した~

2016/8/8 6696

こんにちは、水中レポーターの稲生薫子です。 だいぶご無沙汰しておりますが、久しぶりに投稿させていただきます。私は普段、スキューバダイビングの取材をし、記事を書く仕事以外にも、水中写真家・越智隆治さんの主催するスペシャルト Read More

Tonga Whale Swim 2015 親子クジラ一緒に泳ぐには?Part2 ~大切なのは、クジラを慣らすこと~

2015/10/19 732

南半球に浮かぶトンガ王国。その中でもババウ諸島には、ザトウクジラが南極方面・南氷洋より出産・育児のために戻ってくることから、毎年たくさんの親子を含むクジラが目撃され、特にババウはクジラの町として海洋哺乳類ファンとってはた Read More

Tonga Whale Swim 2015 親子クジラと一緒に泳ぐには?Part1

2015/10/13 947

クジラの親子と自分撮り 「クジラは基本的に臆病な生き物、だからクジラの親子と一緒に泳ぎたいなら人間に慣らさなくてはいけないよ」 9月末で毎年夏に開催しているスペシャルトリップ「Tonga Whale Swim2015」が Read More

はじめまして、そして。Tonga Whale Swim 2015

2015/9/15 1163

はじめまして。 水中レポーター、水中モデル、ライターの稲生薫子です。 普段は、スキューバダイビングのメディア「Ocean+α(オーシャナ)」でモデル・ライターとして活動しています。日本国内、海外問わず海のあるところにはど Read More