バハマでドルフィンスイム乗船記・前半 ~5年越しの夢、感動するの忘れるくらい感動した~

こんにちは、水中レポーターの稲生薫子です。

だいぶご無沙汰しておりますが、久しぶりに投稿させていただきます。私は普段、スキューバダイビングの取材をし、記事を書く仕事以外にも、水中写真家・越智隆治さんの主催するスペシャルトリップでトンガのクジラやパースのアシカなどと泳ぐガイドもしています。

今回ご紹介するのは、この5年間、ずっと行きたいと思いを馳せていた「バハマ」でのドルフィンスイム。スタッフとしてではなく、一個人として参加してきました。

4647871915293 (1)イルカと泳いているところ

水風船みたいな透き通った海、フレンドリーなイルカ、楽しい仲間。1週間のクルーズはあっという間で、まさに夢のようでした。こんな素敵なところで働きたいとさえ思います。そんなクルーズ初乗船記を書いてみました。

私は今、バハマドルフィンスイムクルーズを下船して、フロリダ州にあるウエストパームビーチのホテルで一人この記事を書いています。スクラッチ、ノチョ、ダーウィン・・・大西洋のバハマの海で、愛称のついたイルカと泳げるというのを知ったのは、約5年前。「こんな水色の透き通った海でイルカと泳げるんだ…」最初に水中写真家の越智さんの撮影した写真を見た時は衝撃でした。

この5年間、行こうと思えばいつでも行けたはずなのに、なんとなくそんな気になれなくて、いつの日か「バハマに行く」ということが自分の中で密かな夢となっていました。2016年春頃になって、なお残席に余裕のある3週目に、個人的に参加を決意。一部のゲストの方の手配も担当していたこともあるのでしょうか、“バハマに行く”ということが憧れになっていたとはいえ、その情熱よりも、もはや当たり前というか必然と引き寄せられるように「あ、私、今年バハマ行きます」と宣言したように記憶しています。P1590640aカスタムのあるバハマのウエストエンドにて

初バハマ、初エントリーでイルカの「スクラッチ」と出逢う

少し風と波のある初日。越智さんの写真から思い描いていたような、ベタ凪で水色のプールみたいな海ではありませんでしたが、それでも透明度の良い海。トンガのホエールスイムでは撮影のための水中カメラを手放さなかった私が、全くカメラを持って入る気になれず、ビキニにマスク、スノーケル、フィンで身軽にエントリー。エントリーするなり、前を泳いでいたイルカめがけてダッシュ。2頭のイルカと目があったので、潜ってみると、追いかけると逃げると思っていたイルカが、全く逃げずに近寄ってきます。

おおぅ、近い。

先述のような愛称のついた通称“おさわりイルカ”と呼ばれる、“触られるのが好きなイルカ”が2頭程いるとは聞いていたものの、見分けはつかなかったので、とりあえずゆっくり両手を広げるとそのまま触れてしまいました。_1600032bつ、つるつる!

イルカがラビングをするように、お腹側に回り込んで胸びれの下をすりすりと撫でると、くすぐったいのか嬉しいのか、手をぴょこぴょこと動かして泳ぎ続けます。

夢に見続けたイルカタッチ。可愛すぎる。

a

満足げに船に戻ると、「触ってたの、スクラッチだよ」と越智さん。
広い大海原で、おさわりイルカとして1番名の知られている、一番逢いたかったスクラッチに初潜りで出逢えたという、奇跡的な初日でした。

遺跡?石畳? ビミニロードでお昼休憩

12時から16時まではイルカがお遊びモードではないので、お昼休憩。アメリカの預言者が「アトランティス大陸の一部が浮かび上がる」と予言し、見事的中したことで話題となったビミニロード。砂地に突如現れる不思議な海底遺跡空間です。

4647871767054砂地に突如広がる海底遺跡のような石畳

ほかにもお昼休憩にはみんなで身体にタトゥーシールを張ったり、コンク貝を拾って刺身で食べたり、

P1590761a

貝殻の内側が綺麗なピンク色のコンク貝。お刺身はコリコリしていて絶品!ダイビングしたり、サンドダラーを集めたり、昼寝したり… 無意識に見てしまう携帯電話だって1週間全く触ることはありませんでした。好きな時に起きて、好きな時に寝て、好きな時に食べて、好きな時に海を眺めて… 自由って素敵。

4647871841605サンドダラーと記念撮影

そんなすてきな時間はあっという間に過ぎるもので、すでにクルーズの日程も折り返し地点。

後半では、ついに夢のバハマブルーで泳いだお話をしたいと思います。

2017年のバハマの青い海でイルカと泳ごう!ドルフィンクルーズツアー

スケジュール
Week1 2017年6月10日(土)乗船〜16日(金)下船
Week2 2017年6月17日(土)乗船〜23日(金)下船
Week3 2017年7月15日(土)乗船〜21日(金)下船
Week4 2017年7月22日(土)乗船〜28日(金)下船

※すでに満席の週も複数あります。

もしご興味のある方はこちらまでお問い合わせください。

kaoruko.i.0221@gmail.com

 

KAORUKO

KAORUKO INOU

Underwater Reporter

More stories from this editor


姉妹旅@プーケット

2020/9/20 47

家族での旅行は度々ありますが、姉妹二人での旅行は実は初めて。 私の仕事の都合もありバンコクの空港で妹と待ち合わせることに。妹は不慣れな海外での現地待ち合わせに一人のフライトを心配していましたが、無事に待ち合わせもでき、夜 Read More

スペイン/自然と芸術が融合した世界グエル公園

2020/9/14 78

グエル公園は、天才建築家アントニ・ガウディが建設した、バルセロナを代表する観光スポットのひとつです。 今でこそ有名な観光地ですが、元々は自然と芸術が融合した住まいというコンセプトの分譲住宅地として構築が計画されていました Read More

イタリア/世界一美しい海岸アマルフィ海岸

2020/9/12 105

イタリアは大きく、北イタリア、南イタリアのふたつの地域に分けられ、北と南では全く異なる雰囲気が楽しめます。 ローマやヴェネチア、ミラノ、フィレンツェなど王道のイタリア旅行先は全て北イタリアに位置しますが、暖かい太陽が降り Read More

タイ/美しいプーケットのビーチ

2020/9/10 190

プーケットでは、低価格でスパが楽しめたり、美味しいタイ料理を味わえたりする他、寺院巡りやエレファントトレッキングなど、本当に様々な楽しみ方があります。 でもやっぱりプーケットと言えば、エメラルドグリーンの海と白砂のビーチ Read More