古代ローマ時代の円形劇場で見るボリショイバレエ  プロヴディフ

今回は以前にも書いたことがある、ブルガリアは、プロヴディフの古代ローマ時代の円形劇場で催されたバレエについて書くこととする。

プロヴディフの町の中心にある古代ローマ時代の円形劇場は夏の間、バレエ、オペラ、芝居と利用されている。この夜は、バレエの白鳥の湖があるということで、鑑賞に行くことにした。昼間は夏の日差しで熱いプロヴディフであるが夕闇が迫ると,この円形劇場にもいい風が吹き始め、過ごしやすい最高のコンディションとなる。

夕闇に映えるこの劇場は見ているだけでも価値がある。

日がどっぷりとくれだした午後八時、オーケストラも準備完了だ。ラッキーにも自分の席は指揮者の真ん前3列目だ日本ではありえない特等席だ。

今夜の白鳥の湖のプリンシパルたちは、モスクワのおボリショイバレエから来ていて、バレエファンの友人も興奮している。

これだけ開放的な空間なのにオーケストラの音は最高。空調もないのに最高に居心地もよい。

舞台にどんどん引き込まれていく。東京でも何度かバレエに足を運んでいるがこの環境のせいか没頭していく。

これだけ、クラシックなイベントオにもかかわらず、観客はタンクトップにショートパンツといたってカジュアル。劇場の傾斜も急でこれがたぶん、自分をバレエに没頭させているのであろう。

旧社会主義国ではバレエも一般人に広く親しまれてきたというが、この環境が大きな要因であろう。

没頭していたので、眠くなることもなく音楽に聞き入ってしまった。終焉を迎え、今までにない感動を覚えた。ちなみにこの演目、踊り手、正面3列目であるが料金はたったの10ユーロ。考えられない。一緒に行ったバレエファンの友人はさほど有名でもないバレエを大阪のフェスティヴァルホールで以前、白鳥の湖を見たときにはゆうに500ドルを支払ったという。東ヨーロッパに行ったらぜひ、バレエ鑑賞を必修としよう。

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


沖縄でリヤドに宿泊!モロッカンスタイルの邸宅ホテル『RIAD LAMP』

2021/7/20 1405

梅雨明け10日の快晴の日に、沖縄を訪れました。賑やかな那覇市を避け、目指したのは空港から車で40分ほど東にある南城市知念字久手堅。 眩しい太陽と輝く海、緑豊かなサトウキビ畑の中をドライブ…小高い丘の上にモロッ Read More

今夏からクルーズ航海再開!まずは「EMBARK – The Series」でお家クルーズの旅へ!

2021/6/2 1262

世界中でコロナウイルスのワクチンを接種できる目処がつき、旅行の計画を立てている人たちが増えています。そんな中、高級クルーズ船たちも運行の再開を発表しています。優雅で楽しいクルーズの旅を楽しもうと思っていた矢先に、コロナ禍 Read More

「Tasting South Australia 2021」4月24日(土)渋谷スクランブルスクエアにて開催!

2021/4/23 612

近年、オーガニックやエコ大国として特に注目が集まっているオーストラリア。 とりわけ南オーストラリア州は、サステナブルなモノづくりを行うパイオニアでもあります。 観光客の多い主要都市ほどは知られていない、しかし豊かな自然の Read More

美食の国フランス生まれのグルメバーガーBIG Fernand

2021/4/15 586

ハンバーガーと言ったらアメリカですが、美食の国フランス“パリ”で生まれたBIG Fernandでグルメなハンバーガーをいただきました。 行ったのは、カンヌの駅のすぐそば。 お店も新しくロッジ風の素敵なインテリア。ところど Read More