旅館からホテルへと進化した「庭のホテル」でランチ

本日のランチで訪ねたのは、水道橋にある「庭のホテル」。

元は旅館として開業し、2009年にリニューアル、「庭のホテル」として再スタートした
和の要素溢れるホテルです。

 

どこの国にもある外資ホテルもゴージャスで魅力的ですが、実は庭のホテルのような、外人観光客の心を奪いそうな、ここにしかない、日本を感じるホテルも大好きです。

IMG_5239

IMG_5241

正面玄関からして、まわりの建物とは明らかにマイナスイオンの濃度の違いを感じる、緑たち。
さすがは、「庭」のホテル。

IMG_5244

至る所に、嫌みのない日本らしい粋な計らい。

こちらは江戸風鈴。
見るだけで涼しい気持ちになります。

本日は、素材の魅力を堪能するグリルフレンチ、「グリル&バー 流 りゅう」にお邪魔しました。

IMG_5234
実は私、自分で予約しておきながら、1時間も早めに来てしまうという失態を犯したのでした。

スタッフの方に指摘され、でも来ちゃったし。。みたいな顔しながら困っていると、「席は押さえているので、どうぞお入りください。」とご親切に通してくださいました。

 

なんて紳士!と感動しながら、おっちょこちょいな自分に対するやけ酒と称して、「シソート」を
オーダー。

IMG_5242

こちら、モヒートのミントをシソに代え、日本酒と柚子リキュールで仕上げたという、ザ・和な一品。

正直、柚子って独特な甘みがあまり惹かれないのですが、これはシソがメインだからか、あまり柚子が主張しすぎず、美味しくいただきました。日本酒の香りはあまりしなかったような。

 

さて、オンタイムにランチスタート。

本日はウィークエンドランチコース(¥2,800)を。
コースにはサラダブッフェ、プティスープ、パン、4種から選べるメイン、デザート、飲み物がつきます。

IMG_5232 IMG_5231 IMG_5230 IMG_5229
女性の大好物、サラダブッフェ。

葉ものやトマトなどの、夏野菜系が豊富なように感じました。

IMG_5228
私は初体験だったハーブのドレッシングや、香り高いオリーブオイルなど、サイドもしっかりしたラインナップ。

IMG_5238
パンとプティスープ。

本日のスープはかぼちゃの冷製スープでした。

しっかりとかぼちゃの甘みを感じつつも、飲んだあとに変に残るかんじのない、夏にぴったりなお味です。

おそらくサラダブッフェと同じと思われる、オリーブオイルは、パンとの相性抜群でした。
メインのチョイスはスズキのポワレ、骨付き鶏もも肉のトマト煮込み、鴨肉のボロネーゼ、プレミアム・リゾットとのこと。

私、日本海側生まれの魚人間のため、迷わずスズキをオーダー。
でも「カフェ・ド・パリ風」ていうのはどうゆう風なんだろう、全くわからない。

IMG_5237

こちらが「カフェ・ド・パリ風」。やはり最後までどうゆう風なのか分かりませんでしたが、
まわりのソースはレモンバターと思われ、中はふんわり、外はかりっとしたスズキによく絡み、
最後までしっかりといただけました。

意外と美味しかったのは、サイドの茄子。油を吸いすぎず、でも皮はかりっと仕上がっており、味もあっさりしていて、日本人好みのお味でした。

IMG_5236

ちなみに友人は、「プレミアム・リゾット」をオーダー。
目の前でチーズと絡めて、丁寧に仕上げてくれます。

IMG_5235

デザートは、いちじくのテリーヌと赤ワインのシフォンケーキ、そしてオレンジ風味のバニラアイスクリーム。

このシフォンケーキが本当にふわふわで、赤ワインは感じなかったけど、それはそれは美味しかった。
王道バニラアイスにオレンジ風味を足しちゃったアイスクリームとの相性も抜群。

肝心なイチジクは、フレッシュが故につぶつぶした種を口の中で転がしながら、プルンとしたテリーヌをいただく喜びに浸りました。
それぞれにきちんとお味がついていたので、赤いソースは特にいらなかったかも。

普段はフレンチってあまりいただかないのですが、その理由は「重いから」。
過去にデートで連れて行ってもらったフレンチレストランの席で、お相手がすでにバターたっぷりのクロワッサンに、更にバターを塗って食べていたのが本当に忘れられないくらい、私にとってフレンチとは「食のパニック」なのです。

しかし、ここ「流」でいただいたお料理は、それぞれの素材の旨味をしっかりと感じ、楽しむことの出来る、日本人向けのフレンチでした。

食後も胃に嫌な重さやだるさを感じることなく、いい気分でレストランを後にしたのは言うまでもありません。

次はぜひ、宿泊をしてみたいと思います。
日本庭園を見ながらの朝食なんて、素敵ですよね。

 

 

 

 

 

Sat

Sat

Freelance Writer

More stories from this editor


新しい発見の旅へ 「Dewar‘s Discovery Session 2023」

2023/11/10 690

スコットランドとジャパンが融合したウィスキーカクテルイベントを楽しもう!6人の日本のバーテンダーが全国各地を旅してインスパイアされたカクテルを期間限定のイベントで楽しめる! 5大ウィスキーと言えば、スコッチ、アイリッシュ Read More

旅行の移動の時にも大活躍な完全ワイヤレスイヤホン『OpenFit – Shokz』

2023/5/17 1397

すごい!軽くて装着したのを忘れるくらいなのに、クリアな中音にすごく迫力がある重低音の音が魅力的で、「ながら聴き」にも最適な完全ワイヤレスイヤホン『OpenFit – Shokz』が登場しました! 『OpenFit – S Read More

外国人観光客が多く訪れる広島県の魅力!江田島・呉編

2023/5/16 1413

広島サミットに向けて、外国人観光客が多く訪れる広島県でおすすめのスポットをご紹介します。 まずは江田島。広島市から車で1時間弱かかりますが、豊かな自然が広がるリゾート地です。瀬戸内海の気候と豊かな海で育った牡蠣が有名で、 Read More

外国人観光客が多く訪れる広島県の魅力!世羅編

2023/5/15 1580

フラワーパークやワイナリー、風情を感じるカフェなど、外国人が喜ぶ日本のスポットがたくさんある広島県世羅郡の一部をご紹介します。 まずは、日本最大級40000㎡に45万株の芝桜と100万本のネモフィラが印象的な『花夢の里』 Read More