西イタリアにある街 ボルディゲーラ

Buon giorno !!

ということで、ニースから40キロほど東にいったところにあります、Bordighera(ボルディゲーラ)という街にも行ってきました。

とにかく、絶景!

image

人口1万人ほどで、イタリアとフランスの国境あたりに位置する街。とにかくご飯が美味しくて、海が綺麗で空気が美味しい!

実は私、今回が初イタリア。

サッカーの試合でヨーロッパのいろんな国に行きましたが、イタリアは今まで一度もなかったのです。

image

ここはまさにリゾート地。

ここは、Giunchetto Restaurant and Beach Club というところ。

→ http://www.giunchetto.it

みなさん、リゾート地の語源って知ってますか?

英語の resort

「再び」を意味する英語の”re “、フランス語で「出る、現れる、外出する」を意味する”sortir”の略”sort”からなり、再び出かける、何度も行く、通う、という意味になります。

 

あとは、英語の”solt” の意味も含まれているらしく、人は疲れた時に塩分を欲するのと同じで、疲れを癒しに行く場所、という意味もあるそうな。

 

だから、リゾート地は、ただの観光地ではなく、毎年出かけたくなる場所なんですよね。

 

ここも、そんな空間でした。

 

料理も超絶美味しかったです。素材の味をシンプルに活かしてます。

 

魚介のフライ

image

 

タコとズッキーニのサラダ

これは本当にシンプル。タコとズッキーニの柔らかさが程よく口当たりに良くて、食感と匂いと味のバランスが絶妙でした。

image

 

 

トマトとモッツァレラチーズ!

オリーブオイルがとにかく美味しくて、口の中で絶妙なハーモニーを奏でてくれました。

image

 

マグロのステーキ

image

 

海を眺めながら、自然の美味しい空気を感じながら、のんびりワインを飲みながら食事を楽しむ。

やっぱりこれは、極上の幸せです。

今ある幸せを、沢山感じて生きていきたいですね。

ただ、この日はこの1食でお腹いっぱい(笑)

最近、満腹感が苦手でお腹いっぱい食べると苦しくなってしまいす。。なので腹6分目くらいがちょうどいいですね。気分的にも、内臓的にも。

人が多くのエネルギーを使うのって、実は「消化活動」なんです。

だから、内臓に負担をかけすぎないことと、しっかり休めてあげることとが、健康のためにもとても大切。

何事も、食べ「過ぎ」飲み「過ぎ」ではなく、「程よく適度に」を目指したいですね。

 

この時食べ過ぎて苦しくなったことはここだけの秘密です…

 

そんな時は、海に癒してもらいましょう。

image

 

なんですか、この絶景。

なんですか、この透き通った海。

私が海が大好きな理由はどこにあるのか。

何時間でもこの場所に居られる気がしました。

 

image

 

おかげさまで、最高のリフレッシュ!となりました。

イタリアへご旅行の際は、是非訪れてほしい場所の1つです。

 

YUKI

YUKI NAGASATO

Professional Football Player

More stories from this editor


アメリカ/アリゾナのパワースポット、グランドキャニオン

2020/6/3 86

アメリカ アリゾナ州にある、アメリカ最古の国立公園グランドキャニオン。日本にいたら決してみられない光景が広がります。 コロラド川によって少しずつ、長ーい年月をかけて削り取られて出来た峡谷ですが、今川が流れている部分の地層 Read More

イタリア/花の都フィレンツェ

2020/5/27 459

沢山の世界遺産を保有するイタリアの中でも特に、芸術の都とされる街フィレンツェ。 ルネサンス期に多くの芸術家が、沢山の作品を残したこの街、町全体が世界遺産に登録されています。 花の都としても知られているフィレンツェですが、 Read More

世界中からウエディングプランナーが集う@AMANOIへ

2020/5/26 438

世界中からウェディングプランナーが集まったAMANOIのショーケース Farewell party🥂 カクテルはアマノイの中央に佇むパビリオンから湖を見渡すロケーションでサンセットタイムを楽しみました。 Read More

AMANOI Wedding Vol.2 Chic & Elegant

2020/5/24 437

AMANOIウェディング💍デコレーションアイディアは多肉植物 日本でも人気の多肉植物を贅沢に使ったアイディアたっぷりのデコレーション シックな黒のショープレートにペーパーアイテムの上品さと多肉のワイルドさ Read More