パリの陶器マルシェで‟運命の器”に出会う

パリ6区のサン・ジェルマン界隈を散策中に、面白いものに出くわしました。
サン・シュルピス教会前広場での陶器市、世界各国からアーティストたちが集まった「les Journées de la Céramique Paris 2016」です。このサン・シュルピス教会は、「ダ・ヴィンチ・コード」でも有名になったローズライン(日時計)やドラクロワの壁画があるカトリックの教会。普段は静かな場所なのですが、日曜日になるとこちらの噴水広場の前でさまざまなマルシェが開かれているよう。
1

この陶器市は、もちろんエントランスフリー。初心者でもふらりと立ち寄れる雰囲気で、100名近くの作家たちによる個人ブースがひしめきあい、自由に作品を鑑賞でき、作家と話をしながら購入することができます。さまざまな器のほかにもオブジェや陶芸の体験コーナーなども。
2
上の写真は、マルシェの中央にあるカフェのテント。このカフェのシステムがなんとも面白い。ここには参加アーティストたちの器がずらりと並び、お客さんはそのなかから好きなものをその場で選び、1ユーロで美味しいコーヒー(or紅茶)をいただけるんです。

3
4
素敵な器がいっぱいでかなり迷ってしまいました。実際に手に持つことで質感や重みを感じられるし、食卓でのシーンが想像できる。もし気に入ったら、その場でお買い上げも可能。気になる作家さんがいたら、その方のブースまで案内してもらえます。

数あるブースの中で私が一目見て恋に落ちてしまったのが、こちらの「Britta Mikasch」。
6
7
8
フランス南東部アヴィニョン出身の女性作家さんの作品です。とてもチャーミングな女性で、いろいろお話もでき、彼女自身にも惚れてしまいました。シックなネイビーをベースに、水玉やストライプ、ちょっぴり和の雰囲気も感じさせる模様などもあり、なんとも可愛い! こちらで新生活用にずっと探していたペアのマグカップを購入。毎日使うものだからこそ、納得できるものにやっと出会えてうれしい!
その他、日本人の作家さんのブースもあり、さまざまな作風の陶器に触れられ、とても楽しいひとときでした。
他1
他2

散歩中に偶然、こういった素敵なマルシェに出会えるのもパリならでは。サン・シュルピス教会の近くには、リュクサンブール公園やサン・ジェルマン大通りもあり、散策するには絶好の場所。パリに行かれる際はぜひ、立ち寄ってみてくださいね!
「les Journées de la Céramique Paris 2016」ウェブサイト http://www.lesjourneesdelaceramique.paris/en/教会

TOMOKO

TOMOKO TAKANO

Freelance Editor

More stories from this editor


姉妹旅@プーケット

2020/9/20 18

家族での旅行は度々ありますが、姉妹二人での旅行は実は初めて。 私の仕事の都合もありバンコクの空港で妹と待ち合わせることに。妹は不慣れな海外での現地待ち合わせに一人のフライトを心配していましたが、無事に待ち合わせもでき、夜 Read More

スペイン/自然と芸術が融合した世界グエル公園

2020/9/14 78

グエル公園は、天才建築家アントニ・ガウディが建設した、バルセロナを代表する観光スポットのひとつです。 今でこそ有名な観光地ですが、元々は自然と芸術が融合した住まいというコンセプトの分譲住宅地として構築が計画されていました Read More

イタリア/世界一美しい海岸アマルフィ海岸

2020/9/12 105

イタリアは大きく、北イタリア、南イタリアのふたつの地域に分けられ、北と南では全く異なる雰囲気が楽しめます。 ローマやヴェネチア、ミラノ、フィレンツェなど王道のイタリア旅行先は全て北イタリアに位置しますが、暖かい太陽が降り Read More

タイ/美しいプーケットのビーチ

2020/9/10 186

プーケットでは、低価格でスパが楽しめたり、美味しいタイ料理を味わえたりする他、寺院巡りやエレファントトレッキングなど、本当に様々な楽しみ方があります。 でもやっぱりプーケットと言えば、エメラルドグリーンの海と白砂のビーチ Read More