美味しくてヘルシー! 美食の街、パリの最新BIO事情

美味しいものにあふれたパリでは、数年前から空前のBIOブームが続いています。フランスのBIOカルチャーは、一時の流行でもファッションでもなく、国を挙げて取り組んでいる政策のひとつで、ベジタリアン人口も年々増えているそうです。もともと農業大国のフランスでは、オーガニック食品の中でも緑のABマーク(Agriculture Biologique)という、栽培から商品加工まで、農薬、殺虫剤、化学肥料などを一切使用しない農業で生産された食品のみに付与するという政府公認のマークや、ECOCERTというオーガニック製品の検査機関もあります。とはいえ、ただ単に上っ面だけでBIOだヘルシーだといっても、ふだんから目にも麗しい美食生活を楽しんできたパリジャンたちが簡単に満足するはずもありません。今回は私がパリ滞在時に出会った、本格派で本当に美味しく、かつパリジャンに愛されているおすすめのBIOアドレスをご紹介していきたいと思います。

1、BOJUS ボジュ
bojus
bojus2
低速回転のジューサーで果物や野菜のビタミンやミネラル、繊維質を壊すことなく絞られたコールドプレスジュース。デトックス効果や美腸美肌効果があるということで日本でも大ブームになりましたが、パリでも素敵なお店を発見! マレ地区にあるこの「BOJUS」(ボジュ)は仏版「ELLE」「マリクレール」などでも紹介されたことのある、パリにおけるコールドプレスジュースの先駆者的ショップ。100パーセントBIO、フランス産の素材にこだわっていて、1本売りはもちろん、デトックス、美容、エナジー補給など目的別のクレンズセットも。旅行中美味しいものを食べすぎて胃腸が疲れたなと思ったら、プチ断食して1日コールドプレスジュースで過ごしてみては? 心身ともにスッキリ爽快になること間違いなし。

2、NANASHI ナナシ
ななし
ななし2
パリジャンの間でBENTO(弁当)ブームを起こした、北マレにあるビストロカフェ。料理本も出版されているパリ在住の料理研究家、遠藤カホリさんが手掛けたお店です。小さな箱の中に、数種類のおかずが充実している日本の弁当は、外国人にとってとても新鮮でヘルシーに映るのでしょう。この「NANASHI」は、BIO素材を使ったフレンチスタイルのお弁当が食べられるお店で、オープンして数年経った今でもランチ時には入り口に行列ができるほど大盛況。フレンチスタイル、といっても味噌や醤油、ごまなどを使いとても繊細な和の味付けが施されていて、でも量はけっこうがっつり、というのがうれしい。パリでヘルシーな和食が恋しくなったらぜひこちらに。

3、HELMUT NEWCAKE ヘルムート ニューケーキ
ヘルムート1
ヘルムート2
日本でもよく聞く「グルテンフリー」。グルテンとは、小麦や大麦、ライ麦など穀物の胚乳から生成されるたんぱく質の一種。グルテンフリー=グルテンを含まない料理のことで、もともとはアレルギーの人の代替食として知られていました。この「グルテン」を含まない米粉やそば粉などを使ったベーカリーやレストランがパリでも大流行。このパティスリーのケーキは、グルテンフリーとは到底思えないほど見目麗しく、食べるのがもったいなくなるほど! ケーキの他にエクレアやシュークリームなどもあり、お店内には小さなイートインスペースも。素材と新鮮なフルーツにこだわっており、「本当に質のよい、ヘルシーなスイーツが食べたい!」というパリジャンたちの心をわしづかみにしているよう。

4、Bien. L’EPICERIE ビアン レピスリー
bien1
bien2
1年前にパリを訪れた時よりも、全体的に確実に増えていると感じたビオスーパー。有機栽培の野菜や果物、スナックやジュース、量り売りのナッツやシリアル、フェアトレードの製品やコスメまで、ありとあらゆるものが揃っているビオスーパーは〝体にいいもの”が気になる私の好奇心を刺激してやみません。思わぬ掘り出しものの食材やお土産に出会えたり、パリジャンの普段の生活も垣間見えて面白い。マレ地区で見つけたこの「ビアン レピスリー」、かなり商品が充実していておすすめです。

5、WILD&THE MOON ワイルド&ザ ムーン
ワイルド1
むーん
ワイルド2
一緒に滞在していたパリ通のエディターの元同僚に教えてもらったのが、ビーガン&グルテンフリー食愛好家のためのグリーンアドレスとして話題のこのお店。まったりとした居心地のいい雰囲気と、このカフェがテーマとして掲げている〝EAT WISE”という言葉が個人的にとても気に入りました。厳選されたオーガニック素材を使ったスープやスムージー、アサイーボウルは絶品。写真はカフェの近くにあるラボ。本気でデトックスしたい人はジュースクレンズのプログラムもあるのでぜひ試してみては?

美食の街、パリ滞在時にヘルシーなものが食べたくなったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。ショップ名の部分にウェブサイトのリンクを貼りましたので、そちらもぜひ!

TOMOKO

TOMOKO TAKANO

Freelance Editor

More stories from this editor


「Tasting South Australia 2021」4月24日(土)渋谷スクランブルスクエアにて開催!

2021/4/23 178

近年、オーガニックやエコ大国として特に注目が集まっているオーストラリア。 とりわけ南オーストラリア州は、サステナブルなモノづくりを行うパイオニアでもあります。 観光客の多い主要都市ほどは知られていない、しかし豊かな自然の Read More

美食の国フランス生まれのグルメバーガーBIG Fernand

2021/4/15 114

ハンバーガーと言ったらアメリカですが、美食の国フランス“パリ”で生まれたBIG Fernandでグルメなハンバーガーをいただきました。 行ったのは、カンヌの駅のすぐそば。 お店も新しくロッジ風の素敵なインテリア。ところど Read More

京都でスカンジナビアを感じさせるミニマルなホテル

2021/4/15 173

なぜここに?!京都のディープなところにできた北欧デザインのホテル『THE REIGN HOTEL KYOTO』。眠り・食・アート&クリエイティブの質を高めることで、新しい感覚の京都滞在を体験できるデザインホテル。 Read More

ハンドメイドジュエリーブランド『GAGAN Atelier 』2021/3/19(金)世田谷にGrand Open!

2021/3/19 438

特別感のあるジュエリーが大事にずっと身に纏える… ハンドメイドジュエリー『GAGAN(ガガン)』 職人がジュエリーを制作するアトリエ兼ショップ『GAGAN Atelier(ガガンアトリエ)』が世田谷に2021 Read More