ローマの噴水物語

今回はイタリアのローマについて書かせていただくことにする。イタリアは自分が若い時から一番多く訪問してきている自分の一番好きな国だ。文化、観光、食事、人、ショッピングどれをとっても一番好きだ。だから、その気持ちが溢れすぎて、いままで文章に書くことさえむつかしかった。この国中の町や、リゾートを多く訪ねてきた。そんな中ローマは5年ほど前まであまり興味がなかった。なぜならイタリアの町の中でも大きい。ツーリスティな観光地があふれてるからだ。しかし、5年ほど前、ローマ出身の友人にバイクで連日回ってもらったことがある。そして、今まで自分が注意を払わなかった小さな街角の彫刻や広場について説明されるとがぜんローマが好きになった。その友人は教えてくれた。ローマを好きになるキーは「広場と噴水を憶えること」。そうすると今どこに自分がいて、その場所の歴史にも興味を持つからだという。ということで今回はローマの噴水に関しフォーカスさせていただくこととする。ただしトレヴィの泉は写真もあるが省くこととする。いつも観光客で混んでいるし、あんなスリがいそうな場所は自分の「ローマの噴水物語」にふさわしくないと思うからだ。

IMG_9176

一説にローマには5,000以上の噴水があるといわれている。大きなものから小さなものまで。派手やかに豪華に吹き上げるものからただ水道の蛇口だけみたいなものまで。ただどれをとっても何か妥協のないイタリア気質が自分を引き込む。ということで、豪華版からいくとやはりナヴォ―ナ広場の四大河の噴水。ダイナミックなポーズで大河を表す四人の男性が真ん中のモニュメントを取り囲んでいる構図は彫刻に興味がなくとも美しい。四大河とは、ドナウ、ナイル、ラプラタ、ガンジス川らしい。なんか共通点がないところが面白い。

IMG_9174

自分は同じナヴォ―ナ広場でも思い思いの表情のムーア人の噴水が好きだ。

IMG_9177

上記の写真はパンテオン前の噴水であるが自分は建物とのコントラストが好きだ。

IMG_9144

次はディオクレティアヌスの浴場跡前の共和国広場にあるナイアディの泉である。大きさもあるし吹上も強い。それぞれ四体の彫刻は、白鳥を掴む湖の妖精、川の妖精、海の妖精、地下水の妖精と何ともロマンチックな設定である。

IMG_9092次は

次は、友人がローマの夜景が見えるジャニコロの丘に連れて行ってくれた時みた巨大なガリバルディの銅像の前に立つ巨大な壁のような噴水だ。夜景を見にジャニコロを上ったときに楽しむとよいだろう。

IMG_9080

実は自分はなんでも巨大豪華より、シンプル、ささやか、あるいは身の丈ほどという表現に合うものが好きだ。上記の噴水はかつてローマの入り口であったポポロ門のあるポポロ広場のオベリスクにあるオベリスクの噴水だ.。ほかの噴水とは違う派手さはないが自分はポポロ広場が好きなので、なぜか惹かれる。

IMG_9112

次あたりからが自分の本当に好きな噴水たちだ。まず上記はベルニーニが手掛けたトリトーネの泉だ。トリトンの乗る二枚貝を支える四匹のイルカ。何とも日本人受けする構図ではないか。私は何となくこの噴水があるバルベリーニ広場が好きで、この広場のカフェでコーヒーを楽しむのが好きだ。

IMG_9091

次も自分の大のお気に入り、旧ユダヤ人街にある亀の噴水。名もない小さな広場が狭めの道から突然出てくる。そこにはこの落ち着いた色合いの噴水が静かにある。自分の好きなつつましさが表れている。イルカの上に四人の男。そしてその上にはなぜか亀。その面白い取り合わせもいい。

IMG_9120

この噴水は名前を知らない。道路を横切る時に目についた。四つ角の角に交差点に向かってあった。気が付くと、その交差点のすべての角に同じような噴水がそれぞれ向き合ってあるではないか。きっと名前のある噴水なんであろう。でも歩いていていきなり素晴らしい芸術が特に観光地にもならず道端にあるのがローマのマジックだなと思いながら歩きすぎていく。

IMG_9076

この上下二つの噴水も名前も何もわからない。ただ普通のビルの入り口や側面にある。ただの水飲み場のようなローマの泉。なぜかいつもそうして後ろ髪をひかれ写真をとる。

IMG_9108

自分はきっともうローマには10回ぐらい来ている。でも来れば来るほど新しい発見と興味を提供してくれる。噴水や広場以外にでも些細なテーマさえ決めれば、何日でも楽しめる歴史に裏ずけされた素晴らしい歴史文化都市ローマが好きだ。

 

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


“天国に一番近い島”エアカラン航空でニューカレドニアへ

2020/8/8 110

『 天国に一番近い島 』というフレーズは日本国民の全世代の85%以上の人が聞いたことがある。というデータがあるそうですが、その島はどこでしょう? 正解はニューカレドニアのウベア島です! 私はイルデパン島かと思っていました Read More

フランス中部で中世を感じる夏の旅 最終地点La Rochelle。

2020/8/8 165

フランスの何もない田舎町を巡る旅をお届けするシリーズもこれで最後! タイトルには「中世を感じる」とありますが、それは前回のPoitiers編でおしまい。最後はLaRochelleのおのぼりさんコースで締めたいと思います。 Read More

アメリカ/チーズケーキだけじゃない!チーズケーキファクトリー

2020/8/6 147

アメリカに住んでいた時、家族や友人が日本から訪ねてくるたびに必ず連れて行っていたレストランが『チーズケーキ・ファクトリー』です。 アメリカ中、割とどこにでもあるこのレストラン。米国内で約160店舗ほどあるそう。また、カナ Read More

ティモスィー・ベッチャマンの個展『Hybrid』ニコライバーグマンフラワーズ&デザインにて開催!

2020/8/1 340

2020年7月30日(木)よりNicolai Bergmann Flowers&Designにてブリティッシュ/アメリカンアーティスト”ティモスィー・ベッチャマンの個展が開催されています。 花や植物からのインスピ Read More