ひと夏住んでみたいなと思った南仏の町 ニーム

今回は、マルセイユから列車で一時間で着く南仏の町ニームについて書く。この町はローマ時代の遺跡も多く残る歴史都市でもあるが、自分的にはやはりバカンスでゆっくり過ごしたいなと思わせる美しく穏やかな町である。自分が訪れた二月でも、御覧のような抜けるような青空で気候もあったかい。同じフランスのパリとは違い、冬でも晴天の日が続くようだ。

IMG_8898

駅を降り立つと御覧のような車も走らない大きな美しい通りがまちの中心へと向かう。通りには美しいせせらぎが用意されているし両側に続く建物も美しく上品な統一感があり、とても清潔な町という印象を与える。

IMG_8901

駅からの大通りを五分も歩くと大きな広場になりこれまた大きな噴水が美しくそこに配置されている。その広場を取り囲むように大きな素晴らしい建築物がやはりこの白っぽい色で統一されてたっている。

IMG_8904

その中でも、ひときわ目を引くのがローマ時代の円形劇場である。この町には多くの古代ローマ時代の神殿や橋などの遺跡が街中にあふれているが、この円形劇場は実に大きいし、いい保存状態だ。今も闘牛やコンサートに広く使われているらしい。

IMG_8905

IMG_8910

その古代ローマ時代の円形劇場の周りはカフェやレストランがあり、夏の夜など人が集まって楽しいんだろうなと想像がめぐる。その円形劇場の後ろには整然と美しい並木の通りが伸び、このニームの町の質の高さを見せつけている。

IMG_8909

ぐるっと、円形劇場をまわりこんで、広場と反対の方に行くと、ぎっしりと建物が立っていて、細い路地のような道がいくつかあるのでそこへ入っていくこととする。

IMG_8914

道はどこも非常に細く二メートルほどしかない。また曲がりくねっていたり、カーブになっていたりでまっすぐ見通すことができないし晴天にも関わらず日は差し込まず、どこも影になっている。おそらく夏の暑さを避けるためのものだろう。

IMG_8921

IMG_8918IMG_8917

この立て込んだ建物の隙間から見る青空が実に美しい。この旧市街には多くのショップがあり、おそらく平均レベルが高そうなニームの消費者を満たせそうな素敵な商品がどこのウィンドウにも飾られている。素敵な迷路だ。

IMG_8915

突然前方が開け小さな広場があってレストランやカフェがあったり。

IMG_8929

立派な教会があったり。

IMG_8931

塔があったり。

IMG_8922

素敵な庭が出てきたり。

IMG_8925

噴水が出てきたりと、あきることのない散歩が楽しめる迷路となっている。自分は散策しながら、このニームは観光に来る町ではなく、そこにしばらく住んでいると日々新しい発見ができる素敵な上品な町だろうなと、つい想像してしまった。歩きながら、少なくともひと夏は過ごしたい街だと心を揺さぶられ、必ずこの町に夏に戻ってこようと決心しました。

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


アメリカ/チーズケーキだけじゃない!チーズケーキファクトリー

2020/8/6 13

アメリカに住んでいた時、家族や友人が日本から訪ねてくるたびに必ず連れて行っていたレストランが『チーズケーキ・ファクトリー』です。 アメリカ中、割とどこにでもあるこのレストラン。米国内で約160店舗ほどあるそう。また、カナ Read More

ティモスィー・ベッチャマンの個展『Hybrid』ニコライバーグマンフラワーズ&デザインにて開催!

2020/8/1 291

2020年7月30日(木)よりNicolai Bergmann Flowers&Designにてブリティッシュ/アメリカンアーティスト”ティモスィー・ベッチャマンの個展が開催されています。 花や植物からのインスピ Read More

これぞまさにビアガーデン  ハイルブロン、ドイツ

2020/8/1 234

ビアガーデンといったら日本ではビルの屋上を連想する。しかしビールの本場ドイツでは、自然の中の空き地で夏場簡単にイスとテーブルだけを用意されて実施されていることが多い。自分が行ったバーデンヴュルテンベルク州のハイルブロンの Read More

イタリア/ローマの街巡り

2020/7/22 407

イタリアの首都ローマ。古代ローマの時代から、芸術や文化など様々な所で影響を与え続けている、『永遠の都』です。 コロッセオやスペイン広場など、有名すぎる観光名所に加え、地元で人気のレストランなど、ローマ旅行王道のスポットを Read More