Experience Japan Series! 日本に来て、食い倒れ大阪で、寿司を握る!

近頃、新宿、渋谷、原宿、京都、温泉町、日本中どこに行ってもインバウンドの外国人旅行者があふれている。一時は、銀座での中国人の爆買いが話題をさらっていたが、今はそれも小康状態。しかし、今年も去年以上の旅行者が日本を訪れている。そこで彼らがどこでどんな旅行をしているのか彼らの旅行地を訪れてみることとする。

IMG_0106

ここで私が訪れたのは、今、日本でインバウンド旅行者の中で人気ナンバー1といわれる大阪を訪ねることとした。今、人気旅行地となった大阪ではユニバーサルスタジオのような大型施設や道頓堀界隈の食べ歩きが人気となっており、旅行者であふれている。今回はそう言った周遊型観光地ではなく、今人気の体験型スポットに焦点を当ててみる。ここで紹介するのが「Sakura Cook」。ここは、なんと外国人旅行者に英語で日本料理を教えるという離れ業を行っている。毎日ランチタイムとディナータイムに合わせそれぞれ料理教室が行われている。講師の元気なあいさつで教室はスタートする。自分が体験するのは、Sakura Cookでも一番人気のにぎり寿司コースである。

IMG_0107

まずは寿司つくりで一番大切な酢飯の準備だ。たかれたご飯に合わせた酢を団扇を扇ぎながら合わせていく。自宅で握り寿司を作らないので、我々日本人にも興味深く面白い体験だ!

IMG_0119

酢飯は合わせたのち、さらっと仕上がるようにすこし寝かせておく。その間に寿司のネタの一つである玉の卵焼きを作っておく。結構楽しい!

IMG_0120

卵が焼けたら次はみそ汁の用意だ。この日、一緒に教室に参加している香港人のJasonも器用に野菜を刻む。

IMG_0121

鰹と昆布でだしの取り方を習ったら豆腐を刻みみそ汁を仕上げていく。香港人のカップルも真剣に講義を聞いている。きっと、香港に帰ったら、自宅で二人の大好物の寿司で友人を招いた寿司パーティーをするのであろう。

IMG_0124

みそ汁が出来上がるころには酢飯もいい加減に仕上がってきている。さぁしゃりを握ろう。あっ!でも結構むつかしい。手に付ける水が少なかったのであろう。手のひら中、酢飯だらけになってしまう。このころにはみんな悪戦苦闘で教室が笑いで包まれる。

IMG_0110

なんか、おにぎりか何かわからない、酢飯の塊ができた。さぁ、ネタを載せていこう!

IMG_0129

巻き寿司に軍艦も作ってしまう。

IMG_0112

やったぁー!全部自分で作った寿司とみそ汁!そこにやきとりと和菓子のデザートも付けて今夜のディナーが完成。あのひどい形のしゃりもネタを載せれば何となくプロの握り寿司!

IMG_0116

一緒に握り寿司を作るという驚き体験をした香港人カップルも完成品と一緒に写真を撮ろうと少々興奮気味!この後は、お酒の注文もできみんなで楽しいディナータイムとなります。場所は大阪のど真ん中地下鉄本町駅から2分ほどで行ける好立地。外国人の友人がよく訪れる自分にとってはいいスポットを発見。来月フランスから友人が日本に来る。その時にはぜひ連れていこう。

Sakura Cook(岡本)06-6626-9088   www.sakuracook.jp

 

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


フランス中部で中世を感じる夏の旅3.Poitiers編

2020/7/11 246

フランス中部の旅もいよいよ折り返しです。 Limousin(リムザン)地方を発ったあとは、最終着地点である港町のLa Rochelleを目指しますが その前にPoitiers(ポアチエ)というとても歴史の古い街の方に立ち Read More

アメリカの避暑地レイクタホでの過ごし方

2020/7/4 247

カリフォルニア州サンフランシスコの街から北に3時間程走ると、タホ湖というリゾート地があります。 高原に位置するこちらの街、夏は涼しいので避暑地として、冬はスキーリゾートとして、アメリカ各国から沢山の人たちが訪れる、人気の Read More

スペイン/バルセロナで楽しむ地中海ビーチ

2020/6/27 331

スペイン バルセロナといえば、ガウディの建築物やサッカースタジアムなどなどたくさんの観光地で知られていますが、バルセロナは地中海に面した美しいリゾート地という事はあまり知られていません。 日本からわざわざバルセロナまで行 Read More

メコン川 ジャングル

ジャングルクルーズ!メコン川クルーズ後編

2020/6/19 545

こんにちは、Yukiです! 家族に連れられて半ば仕方なしに参加したクチトンネルの見学はなかなかの充実度でした。朝7時ごろにホーチミンを出発して、クチトンネル戦地跡を出発することにはすっかりお昼の時間。 メコン川を少しくだ Read More