誰も知らないアルバニアの真実  ドゥラス

みなさん、アルバニアという国をご存知でしょうか?知っていてもせいぜい国名どまりでどこにあるかもわからないという人が多い。国自体はギリシャの北、バルカン半島のアドリア海側に位置する何とも気候温暖な国である。西ヨーロッパの人でさえほとんどが、あまりよくわかってなく、イスラム色が強い国であるとか治安が悪いだとか悪い噂ばかりをたてられている。そこで今回、自分が一週間にわたり滞在した、アルバニア一の港町、ドゥラスについて書かせていただく。

アルバニアは、古代ギリシア、ローマ帝国、オスマン帝国と数々の支配を受け、様々な文化を受け入れてきている。そのため、街を歩いても、すべてのものがミックスされていて、おもしろい街並みが形成されている。ギリシア、ローマの影響を強く受けた砦の跡や、オスマン帝国の名残であるイスラム教の寺院があったりもする。

よって、芸術的にも、イタリアの目の前の国であるにもかかわらず、中近東に近かったりもする。

また食の面では、イタリアの植民地にされた時期もあるし、今も最も結びつきが強いイタリアの影響でイタリア料理が圧倒的に幅を利かせていて、その味もイタリアとさほど変わらないPizzaやパスタ類が豊富である。

また、目の前に広がるアドリア海からは多くの海の幸が取れる。自分は特にムール貝のワイン蒸しを毎日のように頂いた。価格も前菜、メインとワイン一杯、コーヒで海辺のレストランで食べてもせいぜい1,000円ほどでとてもリーズナブルだ。

それと何といってもビーチもよい。見渡す限りの砂浜が続く。ちゃんとベッドが完備されているホテルで宿泊しても、価格は非常に安い。自分は二泊のつもりが一週間も泊まってしまった。

一年のうち300日以上が晴れであるらしい。だから毎日がビーチ日和だ。

朝夕は砂浜の散歩ができて実に快適。見渡す限りの砂浜沿いには無数のホテル、ビーチ客用のレンタルアパートメントが続く。これらのアパートに関していえば、一晩20ユーロほどであるらしい。

夕暮れが迫ってきた。

美しすぎる。またこの国に帰ってこようと思う。。この平和で親切な人があふれているのがアルバニアの本当の真実なのである。

 

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


歌舞伎×テクノロジーで義経の世界が渋谷に!カブキノヒカリ展@hmv museum

2019/3/9 1107

3月9日(土)〜3月31日(日)の期間限定で「hmv museum」にて開催される『カブキノヒカリ展 exhibition:the lighting art of KABUKI』をご紹介いたします! 松竹株式会社が主催す Read More

絶叫!バンコクの摩天楼 マハナコン スカイウォーク

2019/3/3 2423

バンコクの摩天楼 キングパワー マハナコン(King Power Mahanakhon )最上階314mに、昨年オープンした世界最大級の面積を誇るマハナコン スカイウォークを体験してきました。 建物の外観はご覧の通り 超 Read More

バンコク チャオプラヤー川辺りの絶景レストラン

2019/2/5 1928

バンコク国際空港から多少渋滞の道を車でしばらく走り、巨大な仏像や美術品がある静寂な寺院 ワット ポーの側道をにけて たどり着いたのは、先年オープンしたバンコクで大人気のタイ料理レストラン『Chom Arun』 黄昏に霞む Read More

山の稜線に築かれた旧ブルガリア王国の古都 ヴェリコタルノヴォ

2019/2/1 2043

今回、ご紹介するヴェリコタルノヴォは12世紀から14世紀にかけてのブルガリア王国の首都であった。われわれ日本人的には大相撲の琴欧州の出身地としてのほうが通りがよいかもしれない。とにかくこのヴェリコタルノヴォは壮大で自分的 Read More