イル・リストランテ・ニコ・ロミート ブルガリ ドバイでディナー

ブルガリ ドバイのメインダイニング“イル リストランテ ニコ ロミート”

東京、大阪、バリ島の“イルリストランテ”は『ルカ ファンティン』ですが、ドバイは『ニコ ロミート』料理監修しているシェフの名前だそうです。

東京&バリ島のイルリストランテには行ったことがあったので、同じイルリストランテでも『ニコロミート』が監修したレストランがどんな感じかまた楽しみです。

活気あふれるダイニングはイタリアンの陽気なギャルソンが軽快なステップを踏んでいるかのようにキビキビと動いています。

レストランの手前にはイルバー🍸

ダイニングにはテラス席と奥には個室

テラスからはマリーナが眺めれるようになっています。

私たちはせっかくなのでテラス席を用意してもらいました。

アペリティーボはどお?と陽気なギャルソンが聞いてきたので思わずアペリティーボを頼んでしまった。。。

アペリティーボはイタリアで食前酒と軽食を意味するそうですが

1杯のドリンクに小さなお皿のおつまみが12個!

コースをお願いしたのにこれですでにお腹いっぱいになっちゃう。。。

そしてアペリティーボの後には丸々のパン

このパンがとっても美味しいんです。。。

パンを食べるとお腹いっぱいになって料理が食べれなくなるよ。といつも言われますが、美味しいパンはついつい手が伸びてしまう。炭水化物が大好物だから仕方ない。。。

お料理の数々。

シェアスタイルで大皿で提供されます。

パスタも少なく見えますが、食べるとかなりのボリュームです。

ティラミスはボールごと出てきます!

さすがに食べきれません。

シェアスタイルの気軽な感じが私は好きです。お料理も一つひとつがしっかりとしていて、でもくど過ぎないので沢山食べてしまいます。とっても美味しくいただきました!

イタリアン好きです♡

こちらのレストランもホテル同様、オープン3日目でしたが、きっとイタリア本国からオープンの応援に来ているギャルソンが担当してくれたんだと思います。イタリアンのノリが良いギャルソンの軽快なサーブがとっても心地良かったです。

イルリストランテ『ニコ ロミート』。とっても素敵なレストランでした。

お腹も心も満たされたディナーの後、少しリゾート内をお散歩

ブルガリは珊瑚をデザインした白い壁と青い空が海のイメージですが

夜は照明の明かりが建物全体をゴールドに輝かせます。

とってもゴージャスな雰囲気です。

そして、メインプールに描かれたこの模様

ブルガリのジュエリーのデザインを模様として入れているそうです。

世界中のリゾートでいろいろなアイデアを取り入れたプールがありますが

やはりジュエラーブランドのブルガリならではのプールです。

 

ブルガリドバイはやはりドバイの豪華な雰囲気もありますが、ただのキラキラゴールドだけではなく、ユーモアと抜群のセンスがとっても素敵なホテルでした。

あ~住みたい。。。

 

MEGUMI NOZAWA

EARTH COLORS Wedding Producer

More stories from this editor


日光の自然に包まれたライフスタイルホテル『SHELTER GARDEN』手作り空間の温もりに寛ぎ癒される…

2021/11/30 240

2021年10月の終わり、まだ紅葉が始まったばかりの日光を訪れました。いろは坂をドライブして中禅寺湖を周り、いろは坂を下る…渋滞を覚悟していましたが、平日のためか、それ程の混雑もなくゆっくりと紅葉を愉しみまし Read More

本場ドイツのクリスマスマーケット  シュトゥッガルト

2021/11/1 436

今年もクリスマスシーズンが近ずいてきた。クリスマスといえば、ドイツのクリスマスマーケット。今回はドイツでも、ドレスデン、ニュルンベルクと並ぶドイツ三大クリスマスマーケットのシュトゥッガルトのクリスマスマーケットを紹介する Read More

沖縄でリヤドに宿泊!モロッカンスタイルの邸宅ホテル『RIAD LAMP』

2021/7/20 1849

梅雨明け10日の快晴の日に、沖縄を訪れました。賑やかな那覇市を避け、目指したのは空港から車で40分ほど東にある南城市知念字久手堅。 眩しい太陽と輝く海、緑豊かなサトウキビ畑の中をドライブ…小高い丘の上にモロッ Read More

今夏からクルーズ航海再開!まずは「EMBARK – The Series」でお家クルーズの旅へ!

2021/6/2 1363

世界中でコロナウイルスのワクチンを接種できる目処がつき、旅行の計画を立てている人たちが増えています。そんな中、高級クルーズ船たちも運行の再開を発表しています。優雅で楽しいクルーズの旅を楽しもうと思っていた矢先に、コロナ禍 Read More