リラックス効果抜群!タイ古来の美容アイテム“ハーバルボール”作り

ナーンの小さな村ナムキアンにあるハーブ農園でハーバルボール作りを体験してきました。ハーバルボールは

タイ古来の美容法で1000年ほど前から万病に効くとされタイでは一般的に使い続けられています。数種類のハーブを布に包みボール状にしたものを蒸し器で温めそれを身体に押し当てながら心身をほぐしていくリラクゼーション方法。ハーブの爽やかな香りでリラックス。そしてハーブの美容成分が肌に浸透してツルツルになると言われ、日本でもスパトリートメントのメニューとして取り入れているサロンも多いです。

残念ながら日本でハーバルボールの施術はとっても高額!そんなハーバルボールを手作り体験してきました。中に入れる一般的なハーブはレモングラス・ショウガ・こぶみかんの葉・ウコン・タマリンドの葉など一見タイ料理でも作るの?というようなレシピタイは古来からハーブと生活が密着していて、食べ物として口から吸収して、お肌からも香りからもハーブの恵みを吸収し心身を整えるんです。綿の布で乾燥したハーブを包み込みます。紐で結んで出来上がり!紐で結ぶところは難しかったですが、それ以外は意外と簡単!

使うときは蒸し器で蒸すか、レンジでチンでも良いそうです。使い終わったら、袋に入れて冷蔵庫で保存。香りが無くなるまで繰り返し使えるそう。

ハーブの香りでイライラや心の緊張をほぐして、ホルモンや自律神経のバランスを整えます。温める事により冷えや筋肉の凝りがほぐされ、ハーブの美容成分がお肌から浸透してお肌がツルツルになりお肌のアンチエイジング効果もあるそう!

万能薬のハーバルボールは軽いのでお土産にもピッタリ!貰ったら嬉しいアイテム!帰国後、早速ハーバルボールを使いましたが、首元や肩は凝りがほぐれ、足はむくみが改善された気がします。そして女性は子宮を温めると辛い生理痛なども緩和されるそうですよ。優しい温かさに癒されて体調がとっても良い気がします。このハーバルボールは冷えに悩む女性にはとってもお勧め!お土産決定!

今回伺ったナーンのナムキアンのハーブ農園は園内でハーブの栽培を行いながら、そのハーブを使ってケミカルを一切使わないオーガニックなプロダクトを製造。

昔々このエリアに住む女性はみんなお肌がツルツルで髪もツヤツヤ。その美しさの秘訣は?とその理由を探ると。地元で採れたハーブをふんだんに使ったプロダクトがあると女性達の間で注目されるエリアになったとか。

今ではここで作られた製品はホテルやスパサロンなどにも卸していて地元のブランドとして根付いているそうです。そして製造業ができる事によって人々が生きていくために必要な収入を得ることができ、労働力の都心への流出の歯止めにもなり、その収益は奨学金や森林保護など地域の活動にも当てられているそうです。タイでは“チーワ”と言われる助け合い。タイの教えはみんなに優しく!ですね。

私もホテルでこちらの製品のシャンプーを使いましたが、普段はパサパサな髪がしっとりまとまっていた気がします。オーガニックのプロダクトを使って幸せを感じ、それを作る人々をも幸せに。そして地域も活性化。幸せの連鎖を感じる素敵なコミュニティを訪れました。タイの教えはみんなに優しく!

MEGUMI NOZAWA

EARTH COLORS Wedding Producer

More stories from this editor


フランス中部で中世を感じる夏の旅3.Poitiers編

2020/7/11 245

フランス中部の旅もいよいよ折り返しです。 Limousin(リムザン)地方を発ったあとは、最終着地点である港町のLa Rochelleを目指しますが その前にPoitiers(ポアチエ)というとても歴史の古い街の方に立ち Read More

アメリカの避暑地レイクタホでの過ごし方

2020/7/4 246

カリフォルニア州サンフランシスコの街から北に3時間程走ると、タホ湖というリゾート地があります。 高原に位置するこちらの街、夏は涼しいので避暑地として、冬はスキーリゾートとして、アメリカ各国から沢山の人たちが訪れる、人気の Read More

スペイン/バルセロナで楽しむ地中海ビーチ

2020/6/27 331

スペイン バルセロナといえば、ガウディの建築物やサッカースタジアムなどなどたくさんの観光地で知られていますが、バルセロナは地中海に面した美しいリゾート地という事はあまり知られていません。 日本からわざわざバルセロナまで行 Read More

メコン川 ジャングル

ジャングルクルーズ!メコン川クルーズ後編

2020/6/19 545

こんにちは、Yukiです! 家族に連れられて半ば仕方なしに参加したクチトンネルの見学はなかなかの充実度でした。朝7時ごろにホーチミンを出発して、クチトンネル戦地跡を出発することにはすっかりお昼の時間。 メコン川を少しくだ Read More