イスラム教に触れる シェイク・ザイード グランドモスク

無宗教の私からみるとイスラム教に対しては何の見分も無いけどポジティブな印象はありませんでした。でもドバイで『アバヤ』に身を包んだ美しい女性達に出逢ってからイスラム教へ興味を持つように。

ドバイから車でいけるアブダビに異教徒も受け入れる世界一大きな美しいモスクがあるということではるばるアブダビまで行くことに。

ドバイからタクシーで約2時間。さすが石油の国。整備の整った高速道度は6車線!これは渋滞は無いはずだ!ドバイからは約2時間。UAEはタクシーが安いので2時間乗って約1万円!日本のタクシーがどれだけ高いのか実感します。

シェイクザイードグランドモスク

Sheikh Zayed Grand Mosque

UAE建国の父シェイクザイードよって総工費約20億ディルハム日本円で約550億円をかけて建設されたグランドモスク。UAEで異教徒を受け入れる数少ないモスクの1つ。その中でも最も規模が大きいモスクがシェイクザイードグランドモスク。

異教徒に寛容とはいえ、礼拝時にはイスラムのマナーは守らないといけません。

特に厳しいのがドレスコード。

女性、男性とNGな服装が異なりますが、特に女性には厳しく、肌を見せてはいけない。ボディーラインが見える服装は長そで長ズボンでもNG.そして髪も見せてはいけないのでスカーフなどで頭を覆います。

モスクに入るエントランスは6か所ぐらいあります。どこから入ってもOK。

入口は男性用、女性用と分かれています。

中には荷物のセキュリティがあり、そこを通ると服装チェックをされて必要な人にはアバヤをレンタルしてくれます。

服装についてはモスクのエントランスの前に絵で紹介している掲示板があるのでチェックしてください。女性はほぼアバヤ。レンタルしてくれるので普通に訪れて大丈夫です。

アバヤに身を包みましたが、アラブの凛とした女性たちとはなんだかイメージが違いますが。。。いざ礼拝へ。

モスク内は『贅を尽くした』という言葉がぴったりの美しい大理石に金、銀、宝石で彩られた装飾は、圧巻の一言。

ただただ美しい。。。

時間ごとに流れるコーランの音色にも風情を感じます。

礼拝の時間には多くの教徒が祈りをささげていました。

イスラム教徒にとって信仰心と愛国心を支える心の拠り所になっているそうです。

私自身も無知なだけにイスラム教に対して勝手な偏見を持っていましたが、実際に触れることにより偏見が払われ、信じることの美しさに気付かされた気がします。

美しいアラブの女性たちに美しいモスク。アブダビは美しい物に溢れていました。

先日12月2日はUAE建国47周年祝日だったそうです。7つの首長国が一つの国になってまだ47年。国としてポテンシャルの高さを感じるUAEは、旅のディスティネーションとしても魅力のつまった国でした。

 

MEGUMI NOZAWA

EARTH COLORS Wedding Producer

More stories from this editor


アメリカ/カリフォルニア随一のビーチタウン、サンタモニカ

2020/12/12 518

アメリカ、カリフォルニア州、別名ゴールデンステイトは、有名なビーチが目白押しの州です。 サンタモニカ、ベニスビーチ、ロングビーチ、マリブ、サンタバーバラ、サンディエゴ、モントレーなどなど、ハワイに劣らないほど数々のビーチ Read More

お洒落で美味しいソムタム専門店@Bangkok

2020/12/5 898

プーケットからバンコクへ戻って、タイ最終日はバンコクに居るお友達に会いにスクンビットエリアへ。近くに美味しいソムタム専門店があるという事でBaan Somtum Sukhumvit ソムタムって青パパイヤのサラダじゃない Read More

アメリカ/グルメの街ポートランド

2020/11/30 441

本日は、アメリカ オレゴン州最大の街ポートランドの魅力をご紹介します! オレゴン州は、カリフォルニアとワシントン州に挟まれた西岸部の州で、中でもポートランドは、他の大都市と比べると小さめの規模ですが、オレゴンの大自然の中 Read More

アメリカ一のパーティースポット、ラスベガス

2020/11/19 610

本日はアメリカ一のパーティースポット、ラスベガスでの楽しみ方をご紹介します。 ラスベガスはカリフォルニアとアリゾナの間にある、ネバダ州に位置します。 日本からは、ロサンゼルス国際空港経由で行くことが出来ます。 アメリカき Read More