ハンブルクと北ドイツの個性的な街々 IV    ツェレ編

IMG_8881今回は、ハンブルクから列車で、一時間弱で行けるツェレの街を紹介することにする。この10世紀来の街は、典型的木組み三角屋根の我々がイメージするドイツの建物で見事に統一されている。人口は10万人にも満たないが、教会を中心とした町全体を100%この建物で統一されていることはさすが秩序あるドイツ人の典型的ななせる業といえるであろう。

IMG_8882

IMG_8887

IMG_8883

IMG_8884教会はおろか、スーパー、銀行、デパート、ファーストフードですらこの三角屋根の中で納まっているのだ。早朝に行った私は、おなかがすいたので、そんな三角屋根のベーカリーで朝食をとることにした、自分はあの固いドイツパンの大ファンである。自分はあの固くて、クルミやナッツがのったパンにハム、チーズといったサンドイッチが世界で一番おいしいパンの食べ方であると思っている。噛めば噛むほどに味があふれてくるのである。

IMG_8889パンの入ったショーケース越しにサンドウィッチとコーヒーを注文する。注文を受けるおばさんたちは実に愛想がいい。ドイツ人は、道でも、駅でも、実に親切で感じがいい。いつもこの民度はヨーロッパ一だなと感心しながら朝食を済ませる。きずくと、ショーケースの上にかわいらしい豚の顔のスウィートがある。実に素朴な題材がドイツらしいので、買ってホテルの部屋で食べることとしよう。

IMG_8890結局、この豚の顔のお菓子は、ハンブルクへ帰る列車の中でいただいてしまった。そしてあっという間に列車はハンブルクの中央駅についてしまった。今回は、四回にわたりハンブルクを中心とした北ドイツの街々を紹介させていただいた。自分は、ツァーで一直線にどこかの国を横切って終わってしまう旅より、ベースを決めて、近在の素朴な街々を訪ねる旅が好きだ。毎日同じホテルに帰ってきて、荷物もそのままで、荷造りに追われないし、ホテルの人とも親しくなれる。朝夕は、いつも同じカフェやバーに行って、即興の知り合いもできる。そして彼らから聞く情報や歴史、隠れたこぼれ話、それらが旅を楽しくするし、旅が終わった後も楽しい思い出として心に残っていく。ドイツは安全で親切。また、交通機関も便利にできているので、我々日本人にも適した旅行地といえる。是非、一度、そんなプチ滞在型旅行を皆さんも一度試してください。

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


姉妹旅@プーケット

2020/9/20 167

家族での旅行は度々ありますが、姉妹二人での旅行は実は初めて。 私の仕事の都合もありバンコクの空港で妹と待ち合わせることに。妹は不慣れな海外での現地待ち合わせに一人のフライトを心配していましたが、無事に待ち合わせもでき、夜 Read More

スペイン/自然と芸術が融合した世界グエル公園

2020/9/14 352

グエル公園は、天才建築家アントニ・ガウディが建設した、バルセロナを代表する観光スポットのひとつです。 今でこそ有名な観光地ですが、元々は自然と芸術が融合した住まいというコンセプトの分譲住宅地として構築が計画されていました Read More

イタリア/世界一美しい海岸アマルフィ海岸

2020/9/12 230

イタリアは大きく、北イタリア、南イタリアのふたつの地域に分けられ、北と南では全く異なる雰囲気が楽しめます。 ローマやヴェネチア、ミラノ、フィレンツェなど王道のイタリア旅行先は全て北イタリアに位置しますが、暖かい太陽が降り Read More

タイ/美しいプーケットのビーチ

2020/9/10 496

プーケットでは、低価格でスパが楽しめたり、美味しいタイ料理を味わえたりする他、寺院巡りやエレファントトレッキングなど、本当に様々な楽しみ方があります。 でもやっぱりプーケットと言えば、エメラルドグリーンの海と白砂のビーチ Read More