ドイツ王侯の温泉街 ヴィースバーデン

IMG_2735

筆者は、過去、ドイツ周辺の温泉地としては、ドイツ南西部のバーデンバーデン。チェコのカルロヴィバリなどに行っている。いずれも、オープンで明るい温泉地であるが、とは言えやはりヨーロッパの温泉って日本の温泉とは違うよなと思っていた。今回おとおずれたヴィスバーデンの場合、ちゃんと源泉という場所が上の写真のようにありそこで、66Cの温泉が湧出している。とてもリアルだなと思ったのは、ヨーロッパの温泉らしくない周囲に立ち込める強い硫黄臭があるところだ。おまけに、上下写真ともに有馬温泉の金泉をもほうふつさせるような茶色い温泉であるところだ。

IMG_2733

IMG_2736

この源泉から5分ほど歩いたところに1913年建造のカイザーフリードリヒテルメがある。

IMG_2741

名前も、立派ではあるが、内部は実に外面と違い装飾的にできている。内部には、結構利用者がいたので写真が取れなかったが、フィンランド式サウナに始まり、ロシア式スチームサウナ、アイルランド式温浴、ローマ式浴場等、多くの浴室が用意されている。特に25mプールほどある、ローマ式浴場は明るく装飾も大きなファウンテンがあるなど、非常に豪華にできている。39度ほどの湯加減に、私もどっぷり30分ほど、つかってしまった。

IMG_2751

IMG_2749

もちろん、内部は、ドイツでは男女とも共用でみんな全裸である。みんなあまりに自然に入って、内部を歩いているので何も恥ずかしがることはない。若いカップルも多く見かけられ、特に裸に関するこだわりを感じさせない。

IMG_2750

自分はローマ式浴場であったまると隣のスイミングプールで軽く泳ぐことを、2,3度繰り返し、とても充足感を味わうことができました。ちなみに料金ですが、一時間ごとにたった5ユーロという低料金だ。バスタオル等が必要であれば、その場で5ユーロで貸し出してくれる。体一つで行けるこの低価格の王侯の味わいテルメにぜひ、一度みなさまにもお訪ねいただきたい。

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


姉妹旅@プーケット

2020/9/20 43

家族での旅行は度々ありますが、姉妹二人での旅行は実は初めて。 私の仕事の都合もありバンコクの空港で妹と待ち合わせることに。妹は不慣れな海外での現地待ち合わせに一人のフライトを心配していましたが、無事に待ち合わせもでき、夜 Read More

スペイン/自然と芸術が融合した世界グエル公園

2020/9/14 78

グエル公園は、天才建築家アントニ・ガウディが建設した、バルセロナを代表する観光スポットのひとつです。 今でこそ有名な観光地ですが、元々は自然と芸術が融合した住まいというコンセプトの分譲住宅地として構築が計画されていました Read More

イタリア/世界一美しい海岸アマルフィ海岸

2020/9/12 105

イタリアは大きく、北イタリア、南イタリアのふたつの地域に分けられ、北と南では全く異なる雰囲気が楽しめます。 ローマやヴェネチア、ミラノ、フィレンツェなど王道のイタリア旅行先は全て北イタリアに位置しますが、暖かい太陽が降り Read More

タイ/美しいプーケットのビーチ

2020/9/10 186

プーケットでは、低価格でスパが楽しめたり、美味しいタイ料理を味わえたりする他、寺院巡りやエレファントトレッキングなど、本当に様々な楽しみ方があります。 でもやっぱりプーケットと言えば、エメラルドグリーンの海と白砂のビーチ Read More