日本人があまり知らない美しい国 ウクライナ I

IMG_2674

みなさん、ウクライナと言って何を思い浮かべますか?クリミア紛争。。。そして?そうなんです。ウクライナという国は日本ではあまりその詳細が知られていない国なんです。ウクライナは、1991年のソヴィエト崩壊に伴い独立した新しい国なんです。しかし、元をただせばロシアより古くその歴史は13世紀にモンゴルにより滅ぼされたキエフ公国にまでさかのぼる。しかしその後は、ポーランド、ロシア、トルコという周辺の大国によって支配され続け、1991年にようやく独立にいたった。国土は日本の二倍、人口も4千5百万人とヨーロッパにおいては大国である。国土は大部分が平地で世界的穀倉地帯である黒土地帯に覆われている。しかし、その国の基盤はいつも弱く、今また、ロシアの侵攻を受けている。私の出国前、友人は戦時下なので危ないのではという危惧もあったが、おそらく、世界的なパワーゲームのプロパガンダだと思い訪問することにした。

IMG_2233

街中は行ってみるといたって平和。休日ということもありメインストリートはほかのヨーロッパの諸都市と変わりなく、幸せそうな家族やカップルであふれていた。だれに聞いても、まったく戦時下という意識はない様だ。それよりも、目を引くのは、ヨーロッパ一番と評判の美男美女たちである。みんな背か高く、美しい顔、長い手足を持ち評判は嘘でなかったと確信した。そして、ありとあらゆる人が本当に親切で、フレンドリーである。街も、大型の美しい建築物が並び本当に立派な町だ。自分は一人、やはり、世の中、テレビ、新聞の情報はあてにならないなと思ってしまった。自分は、街の一番中心にある、上記の写真の独立広場のモニュメントの後ろにあるホテルウクライナに泊まることとした。

IMG_2271 無題IMG_2287

チェックインを済ませると、自分はさっそく、街に出かけてみた。独立広場から歩いて五分ぐらいで、上記写真の大型寺院が続く通りへと出た。本当に美しい景色の通りだ。自分はそれを見て、だれがこの国を、危ない、旧社会主義国、いまいちって言ったんだと怒鳴りたくなるほどの美しさに見とれてしまった。特に上記のソフィア大聖堂、アンドレイ教会、聖ミハイルの修道院と続く道は本当に美しい。ヨーロッパの中でもトップクラスの美しさである。

IMG_2288IMG_2311IMG_2309またどこも、夜間照明がとても美しくライトアップされていて、治安の良さも手伝い、夜でも退屈することなく歩くことができた。翌日は、世界遺産で7kmもの城壁に囲まれたペチェールスカ大修道院に行ってみた。本当に広大な敷地の中に数えきれないほどの金色に輝く屋根が見え、ロシアも含めた東スラブにおける正教の総本山であることがすぐに見て取れる。

IMG_2354

IMG_2397IMG_2415

またそこからの景色は町の中心地域とは思えない広大な森のような公園と美しいドニエプル川の景色が楽しめ、戦時とは全くかけ離れたウクライナの平和な空気と国民性が感じ取れた。キエフへは、ヨーロッパの諸都市からはたいてい直行便があるので、皆さんもぜひ一度訪れてください。

IMG_2352IMG_2432

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


姉妹旅@TRISARA

2020/9/24 130

プーケットで滞在したホテルは【TRISARA】 サンスクリット語で『天国にある3つめの庭』という意味だそうです。確かに天国のような滞在でした。そんな天国のようなトリサラをご紹介します。 到着したのが夜だったので辺りは真っ Read More

姉妹旅@プーケット

2020/9/20 224

家族での旅行は度々ありますが、姉妹二人での旅行は実は初めて。 私の仕事の都合もありバンコクの空港で妹と待ち合わせることに。妹は不慣れな海外での現地待ち合わせに一人のフライトを心配していましたが、無事に待ち合わせもでき、夜 Read More

スペイン/自然と芸術が融合した世界グエル公園

2020/9/14 371

グエル公園は、天才建築家アントニ・ガウディが建設した、バルセロナを代表する観光スポットのひとつです。 今でこそ有名な観光地ですが、元々は自然と芸術が融合した住まいというコンセプトの分譲住宅地として構築が計画されていました Read More

イタリア/世界一美しい海岸アマルフィ海岸

2020/9/12 236

イタリアは大きく、北イタリア、南イタリアのふたつの地域に分けられ、北と南では全く異なる雰囲気が楽しめます。 ローマやヴェネチア、ミラノ、フィレンツェなど王道のイタリア旅行先は全て北イタリアに位置しますが、暖かい太陽が降り Read More