南仏:Biarritz

view

 

ビアリッツ、そこはフランスにあるヨーロッパサーフィン文化の中心として機能する町です。大西洋に面したスペインとの国境に近いバスク地方に位置するリゾート地で、ビアリッツから北に向かったボルドーとの間の海岸線には数々のサーフブランドのヨーロッパ支店が集結しています。そして毎年秋、初冬の海のうねりが入り始めた頃ビアリッツでは、有名なクイックシルバー・ロキシーのコンテストがあり、世界中のトップサーファーそしてロキシーガールが集結します。

 

私がスイス(ローザンヌ)に住んでいた際、毎月一回ジュネーブ空港からボルドーまで約1時間半飛行機で飛び、そしてレンタカーで約2時間かけて通っていました。パリからも約1時間半で飛行機でアクセスできる為、週末少しサーフィンを楽しみたい時には非常に便利な場所です。

map

ビアリッツでのサーフィンの醍醐味は庶民的なビーチカルチャーとフランスの食文化の融合に尽きるでしょう。朝食のクロワッサンを片手にビーチでの波チェック、最初のセッションの前に飲むエスプレッソ、パワフルな波でサーフィンをした後で町にある魚市場の店先で白ワインで楽しむ牡蠣やウニ、そして友人達と夜遅くまでローカルワインとバスク地方のチーズやハムをつまみに楽しむ会話。それらはカリフォルニアのサーフィンとはまた違った、格別なものがあります。

 

beach_02

 

アクセスはEasy Jetなをどを使えばジュネーブから3万円ほどで往復できる為、かなり経済的にも非常によかったです。また、非常にイギリスからのツーリストも多くドーバー海峡を渡ってドライブしてくるグループも多かったです。スペイン国境はビアリッツからは30分ほどで渡れ、こえたすぐの場所にはサンセバスチャンというまた、スペインで非常に有名なサーフィスポットがあります。そこからさらに少し南下した部分にはフランクゲーリーのグッゲンハイム美術館で有名なビルバオがあり、スポーツだけではなく文化的なアクティビティーも楽しめます。

 

サーフィンに関して少し紹介させて頂きますと、夏場は比較的ゆるい波が多く水温も高い為、初心者でも十分楽しめる場所です。特にスクールやギアーの貸し出しなどは非常に充実していて、手ぶらで言っても十分楽しめます。秋の初めから強いうねりが入り始め、コンディションはどんどんよくなっていき、冬に入ると非常にヘビーなコンディションになり、分厚いウエットスーツは必需品となります。大体のコミュニケーションは英語によるもので問題はありません。

 

school

 

ビアリッツは実際的に行こうとなる雰囲気になるまでは少ししんどいかもしれませんが、一度行けば絶対に忘れられない場所になり、クセになるかもしれませんね。

ビアリッツ近辺でのアクティビティに関してご質問ある方はご連絡を!

昇:noboru@akiyoshi.com

 

family

海辺のお父さんと子供達

 

export

海辺のカフェレストラン

 

a_girl_in_biarritz

ローカルの女の子がサクッと波をキャッチ。

 

beach

波の小さな日は大勢のサーファーが波乗りを楽しんでいます。

 

sky

ローザンヌ上空:ヨーロッパの中心スイス上空では様々な方向に向かう飛行機雲のラインが交錯しています。

 

 

 

NOBORU

NOBORU AKIYOSHI

UI/UX Designer

More stories from this editor


今夏からクルーズ航海再開!まずは「EMBARK – The Series」でお家クルーズの旅へ!

2021/6/2 154

世界中でコロナウイルスのワクチンを接種できる目処がつき、旅行の計画を立てている人たちが増えています。そんな中、高級クルーズ船たちも運行の再開を発表しています。優雅で楽しいクルーズの旅を楽しもうと思っていた矢先に、コロナ禍 Read More

「Tasting South Australia 2021」4月24日(土)渋谷スクランブルスクエアにて開催!

2021/4/23 267

近年、オーガニックやエコ大国として特に注目が集まっているオーストラリア。 とりわけ南オーストラリア州は、サステナブルなモノづくりを行うパイオニアでもあります。 観光客の多い主要都市ほどは知られていない、しかし豊かな自然の Read More

美食の国フランス生まれのグルメバーガーBIG Fernand

2021/4/15 235

ハンバーガーと言ったらアメリカですが、美食の国フランス“パリ”で生まれたBIG Fernandでグルメなハンバーガーをいただきました。 行ったのは、カンヌの駅のすぐそば。 お店も新しくロッジ風の素敵なインテリア。ところど Read More

京都でスカンジナビアを感じさせるミニマルなホテル

2021/4/15 250

なぜここに?!京都のディープなところにできた北欧デザインのホテル『THE REIGN HOTEL KYOTO』。眠り・食・アート&クリエイティブの質を高めることで、新しい感覚の京都滞在を体験できるデザインホテル。 Read More