見どころ満載 多彩文化都市プロヴディフ、ブルガリア

みなさん、ブルガリアという国をどれぐらいご存知でしょうか?日本では、ヨーグルトの国。そして。。。。??あまりなじみのない国かもしれません。その首都はソフィアですが、では第二の都市は?もう全く知っている人を見つけられないというほうが正しいでしょう。今回、私は、このブルガリア第2の街プロヴディフについて書かせていただく。このプロヴディフの町は、ブルガリアのほぼ中部に位置し、人口35万ほどの町であるが私も今回までノーマークだったのですが、その魅力には脱帽いたしました。気候、土地に恵まれたこの地は、非常に農業に適していて、なんと6,000年前には人が居住していて、世界でも、最も古い都市に分類されるのです。それゆえ、例にもれず、周りの諸民族による侵略も頻繁で、ローマに始まり、オスマントルコ等にも長く統治されてきたのです。しかし良い点では、それらの侵略者の文化もうまく取り入れてきていて、結果として、今の多彩な文化がうまく混在するプロヴディフの町となっているのです。

この町では少し掘るといたるところから遺跡が出てくるらしく、上記写真もローマ時代の砦跡の遺跡である。

町の一番中心の地下も御覧のようにローマのアリーナの上に築かれてきたことがわかります。

もちろん上記のような超大型のシアターも現存し。夏の間はオペラ、バレエの会場として今も使われています。

かと思えば、その真横の町の中心には巨大なオスマントルコ時代のモスクがあったり。

その横には美しい教会があったりと、おおらかな空気の中で、文化が混在しています。

また、この中心地域に隣接して、大きな丘一つがオールドタウンとなっています。しかしこの町でいうオールドタウンは18世紀ごろからの高級住宅地が中心となっていて、ブルガリア独特の建築様式による大きな邸宅群が一つの丘を埋め尽くしています。

そんな美しく文化的要素に覆われた各地区の中心にカパナと呼ばれる、モダンで、ヒップなタウンが存在する。

このカパナには町中上記のようなかわいいフラッグに一年中覆われていて、多くのカフェやレストランがひしめている。また、多くの若いアーティストたちがこの地区にショップを構え、デザインショップ、アートショップ、セラミックのショップなど、多彩を極めている。人々は典型的なブルガリア人で人懐こくとても親切で、今回私は、このカパラ地区に魅了され、毎日いり浸っていた。二日目には町中の人々が手を振ってくれたり、話しかけてくれたり、本当に居心地の良い街でした。今回は、プロヴディフのあらましについて紹介したので、次回はこのカパナ地区の個性について紹介させていただくこととする。

 

 

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


コカの葉とハーブのリキュール「COCALERO 」をご存知ですか?11月1日(木)に新感覚の「COCALERO NEGRO」登場!!!

2018/10/31 736

南米・アンデス山脈の渓谷やジャングルの奥深くで育まれた”コカの葉”を「蒸気蒸留」させ、アマゾンガラナ、ジンセン(朝鮮人参)、ジュニパーベリー、緑茶など、17種のボタニカルをブレンドして作られる鮮やかな緑色のリキュールで知 Read More

城壁の古都イムディーナで絶景ランチタイム@PLAZZO DE PIRO

2018/10/29 929

マルタ島の首都ヴァレッタからバスで約35分 16世紀には首都として貴族の館が立ち並び栄えたが、首都の移動と共に住人がいなくなり「静寂の町」と呼ばれる様になったイムディーナ。 1724年に建てられたバロック様式のメインゲー Read More

AHKAH×NAKEDスペシャルイベント「AHKAH -satarry you-」@表参道ヒルズ

2018/10/27 694

12月27日(土)から31日(水)の期間限定で、AHKAH表参道ヒルズ店にて開催される AHKAH×NAKEDスペシャルイベント「AHKAH -satarry you-」 オープニングレセプションにお邪魔して参りました! Read More

バリ島/サヌールのビーチ

2018/10/19 805

ある日の日曜日、サヌールのビーチでまったり。 バリ島は言わずと知れたリゾートアイランドな訳ですが、この小さい島でも地区によって雰囲気が異なるのです。 サヌールのビーチは穏やかで混み合ってなくてのんびりできるので好きです。 Read More