見どころ満載 多彩文化都市プロヴディフ、ブルガリア

みなさん、ブルガリアという国をどれぐらいご存知でしょうか?日本では、ヨーグルトの国。そして。。。。??あまりなじみのない国かもしれません。その首都はソフィアですが、では第二の都市は?もう全く知っている人を見つけられないというほうが正しいでしょう。今回、私は、このブルガリア第2の街プロヴディフについて書かせていただく。このプロヴディフの町は、ブルガリアのほぼ中部に位置し、人口35万ほどの町であるが私も今回までノーマークだったのですが、その魅力には脱帽いたしました。気候、土地に恵まれたこの地は、非常に農業に適していて、なんと6,000年前には人が居住していて、世界でも、最も古い都市に分類されるのです。それゆえ、例にもれず、周りの諸民族による侵略も頻繁で、ローマに始まり、オスマントルコ等にも長く統治されてきたのです。しかし良い点では、それらの侵略者の文化もうまく取り入れてきていて、結果として、今の多彩な文化がうまく混在するプロヴディフの町となっているのです。

この町では少し掘るといたるところから遺跡が出てくるらしく、上記写真もローマ時代の砦跡の遺跡である。

町の一番中心の地下も御覧のようにローマのアリーナの上に築かれてきたことがわかります。

もちろん上記のような超大型のシアターも現存し。夏の間はオペラ、バレエの会場として今も使われています。

かと思えば、その真横の町の中心には巨大なオスマントルコ時代のモスクがあったり。

その横には美しい教会があったりと、おおらかな空気の中で、文化が混在しています。

また、この中心地域に隣接して、大きな丘一つがオールドタウンとなっています。しかしこの町でいうオールドタウンは18世紀ごろからの高級住宅地が中心となっていて、ブルガリア独特の建築様式による大きな邸宅群が一つの丘を埋め尽くしています。

そんな美しく文化的要素に覆われた各地区の中心にカパナと呼ばれる、モダンで、ヒップなタウンが存在する。

このカパナには町中上記のようなかわいいフラッグに一年中覆われていて、多くのカフェやレストランがひしめている。また、多くの若いアーティストたちがこの地区にショップを構え、デザインショップ、アートショップ、セラミックのショップなど、多彩を極めている。人々は典型的なブルガリア人で人懐こくとても親切で、今回私は、このカパラ地区に魅了され、毎日いり浸っていた。二日目には町中の人々が手を振ってくれたり、話しかけてくれたり、本当に居心地の良い街でした。今回は、プロヴディフのあらましについて紹介したので、次回はこのカパナ地区の個性について紹介させていただくこととする。

 

 

TAKAO

OHAYO TAKAO

Luxury Traveler

More stories from this editor


姉妹旅@TRISARA

2020/9/24 110

プーケットで滞在したホテルは【TRISARA】 サンスクリット語で『天国にある3つめの庭』という意味だそうです。確かに天国のような滞在でした。そんな天国のようなトリサラをご紹介します。 到着したのが夜だったので辺りは真っ Read More

姉妹旅@プーケット

2020/9/20 217

家族での旅行は度々ありますが、姉妹二人での旅行は実は初めて。 私の仕事の都合もありバンコクの空港で妹と待ち合わせることに。妹は不慣れな海外での現地待ち合わせに一人のフライトを心配していましたが、無事に待ち合わせもでき、夜 Read More

スペイン/自然と芸術が融合した世界グエル公園

2020/9/14 365

グエル公園は、天才建築家アントニ・ガウディが建設した、バルセロナを代表する観光スポットのひとつです。 今でこそ有名な観光地ですが、元々は自然と芸術が融合した住まいというコンセプトの分譲住宅地として構築が計画されていました Read More

イタリア/世界一美しい海岸アマルフィ海岸

2020/9/12 235

イタリアは大きく、北イタリア、南イタリアのふたつの地域に分けられ、北と南では全く異なる雰囲気が楽しめます。 ローマやヴェネチア、ミラノ、フィレンツェなど王道のイタリア旅行先は全て北イタリアに位置しますが、暖かい太陽が降り Read More