エネルギーを感じにマーケットへ @ Naka Market

ホテルが所在するスリンビーチから繁華街であるプーケットタウンまでは、車で約1時間。

タクシーで800バーツだったので、約2500円ほど。
間違いなく、ツーリスト価格でしょうが、安全で快適な手段を希望なので、今回はこちらをチョイス。

そして、向かった先はと言いますと、厳密にはプーケットタウンの郊外にあるナカマーケット
金・土の夜、開催されるというプーケット島、最大のナイトマーケットです。

IMG_1291

マーケット到着です。

夕刻から深夜まで開かれているマーケットは早くも活気に溢れています。

今更ですが、マーケットは身動きが取りやすい格好が鉄則。
できれば両手が空き、ジップが閉まるバックが望ましい。

数日間過ごしていて、全く危険などは感じないプーケットでしたが、やはり人が多いところに行く際は、最低限の備えをするのは、旅の常識です。

IMG_1299

最大と言うだけあって、なかなかの広さです。

セクションは飲食、お土産、ペット、ゲーム、マッサージ、タトゥーみたいな感じで分かれていて、一通りのことができます。

IMG_1298

専らフォーカスが食だったので、食べ物の写真ばかりではありますが、飲食コーナーは所狭しと、屋台が軒を連ねています。

タイのローカルフードを中心に、バンバーガーやフライドチキンのようなジャンクフードもあります。

IMG_1306

せっかくなので、やっぱりタイ料理と思い、まずはこちら。

魚のすり身を揚げたもの。
スパイシーなソースに合いますね。

IMG_1305

結局、何だったのかわからないヌードル。

濃厚なスープにライスペーパーが丸まっている感じです。

ローカル感溢れるテイストでした。

IMG_1268

そして、タイデザートの定番といえば、こちら。

マンゴーともち米、ココナッツソース。
シンプルなんだけど、いつ食べてもほっこり美味しい。

IMG_1273

変わりネタはこちら。

タイのデザートらしいのですが、芋系のペイストを色のついたゼラチンでコーディングし、ミニチュア野菜みたいになっている食べ物。

ちなみに、見た目はいろいろですが、お味は全て一緒だそうです。

特に唸るほど美味しいものではありませんでした。
興味本位で食べてみるのはありな一品です。

お土産コーナーも含め、ぐるっと回ったのですが、クオリティを求めるものを探すのは難しい場所です。
ただ価格はかなり安価なので、安くローカルの雰囲気が出るものを、という場合には適した場所です。

入手したのは、リゾートで活躍しそうな、さらさら生地のタイダイ染めキャミ2枚のみ。
合わせて、500バーツ。2000円しませんでした。

観光客もですが、ローカルも集まって、週末を楽しんでいるようなので、とにかく活気に溢れています。
日本ではなかなか感じることができない、独特の雰囲気とパワーを感じるには、絶好の場所。

エネルギーチャージにいかがでしょうか?

AZUMI

AZUMI KURITA

Hip Traveler / Life Coach

More stories from this editor


カリブのスーパーセレブリティホテル Las Islas Baru、コロンビア

2019/4/1 3545

今回はコロンビアの国際的観光都市であるカルタヘナからモーターボートで40分の超ラグジュアリーホテル 「イスラバル」を訪れることとする。カルタヘナ湾からカリブの外海を経て、40分ほどでマングローブの小島が周囲に現れだす。 Read More

歌舞伎×テクノロジーで義経の世界が渋谷に!カブキノヒカリ展@hmv museum

2019/3/9 1256

3月9日(土)〜3月31日(日)の期間限定で「hmv museum」にて開催される『カブキノヒカリ展 exhibition:the lighting art of KABUKI』をご紹介いたします! 松竹株式会社が主催す Read More

絶叫!バンコクの摩天楼 マハナコン スカイウォーク

2019/3/3 4910

バンコクの摩天楼 キングパワー マハナコン(King Power Mahanakhon )最上階314mに、昨年オープンした世界最大級の面積を誇るマハナコン スカイウォークを体験してきました。 建物の外観はご覧の通り 超 Read More

バンコク チャオプラヤー川辺りの絶景レストラン

2019/2/5 3211

バンコク国際空港から多少渋滞の道を車でしばらく走り、巨大な仏像や美術品がある静寂な寺院 ワット ポーの側道をにけて たどり着いたのは、先年オープンしたバンコクで大人気のタイ料理レストラン『Chom Arun』 黄昏に霞む Read More