エネルギーを感じにマーケットへ @ Naka Market

ホテルが所在するスリンビーチから繁華街であるプーケットタウンまでは、車で約1時間。

タクシーで800バーツだったので、約2500円ほど。
間違いなく、ツーリスト価格でしょうが、安全で快適な手段を希望なので、今回はこちらをチョイス。

そして、向かった先はと言いますと、厳密にはプーケットタウンの郊外にあるナカマーケット
金・土の夜、開催されるというプーケット島、最大のナイトマーケットです。

IMG_1291

マーケット到着です。

夕刻から深夜まで開かれているマーケットは早くも活気に溢れています。

今更ですが、マーケットは身動きが取りやすい格好が鉄則。
できれば両手が空き、ジップが閉まるバックが望ましい。

数日間過ごしていて、全く危険などは感じないプーケットでしたが、やはり人が多いところに行く際は、最低限の備えをするのは、旅の常識です。

IMG_1299

最大と言うだけあって、なかなかの広さです。

セクションは飲食、お土産、ペット、ゲーム、マッサージ、タトゥーみたいな感じで分かれていて、一通りのことができます。

IMG_1298

専らフォーカスが食だったので、食べ物の写真ばかりではありますが、飲食コーナーは所狭しと、屋台が軒を連ねています。

タイのローカルフードを中心に、バンバーガーやフライドチキンのようなジャンクフードもあります。

IMG_1306

せっかくなので、やっぱりタイ料理と思い、まずはこちら。

魚のすり身を揚げたもの。
スパイシーなソースに合いますね。

IMG_1305

結局、何だったのかわからないヌードル。

濃厚なスープにライスペーパーが丸まっている感じです。

ローカル感溢れるテイストでした。

IMG_1268

そして、タイデザートの定番といえば、こちら。

マンゴーともち米、ココナッツソース。
シンプルなんだけど、いつ食べてもほっこり美味しい。

IMG_1273

変わりネタはこちら。

タイのデザートらしいのですが、芋系のペイストを色のついたゼラチンでコーディングし、ミニチュア野菜みたいになっている食べ物。

ちなみに、見た目はいろいろですが、お味は全て一緒だそうです。

特に唸るほど美味しいものではありませんでした。
興味本位で食べてみるのはありな一品です。

お土産コーナーも含め、ぐるっと回ったのですが、クオリティを求めるものを探すのは難しい場所です。
ただ価格はかなり安価なので、安くローカルの雰囲気が出るものを、という場合には適した場所です。

入手したのは、リゾートで活躍しそうな、さらさら生地のタイダイ染めキャミ2枚のみ。
合わせて、500バーツ。2000円しませんでした。

観光客もですが、ローカルも集まって、週末を楽しんでいるようなので、とにかく活気に溢れています。
日本ではなかなか感じることができない、独特の雰囲気とパワーを感じるには、絶好の場所。

エネルギーチャージにいかがでしょうか?

AZUMI

AZUMI KURITA

Hip Traveler / Life Coach

More stories from this editor


ティモスィー・ベッチャマンの個展『Hybrid』ニコライバーグマンフラワーズ&デザインにて開催!

2020/8/1 232

2020年7月30日(木)よりNicolai Bergmann Flowers&Designにてブリティッシュ/アメリカンアーティスト”ティモスィー・ベッチャマンの個展が開催されています。 花や植物からのインスピ Read More

これぞまさにビアガーデン  ハイルブロン、ドイツ

2020/8/1 214

ビアガーデンといったら日本ではビルの屋上を連想する。しかしビールの本場ドイツでは、自然の中の空き地で夏場簡単にイスとテーブルだけを用意されて実施されていることが多い。自分が行ったバーデンヴュルテンベルク州のハイルブロンの Read More

イタリア/ローマの街巡り

2020/7/22 399

イタリアの首都ローマ。古代ローマの時代から、芸術や文化など様々な所で影響を与え続けている、『永遠の都』です。 コロッセオやスペイン広場など、有名すぎる観光名所に加え、地元で人気のレストランなど、ローマ旅行王道のスポットを Read More

食とウェルネスとワークカルチャーが融合した新施設『EAT PLAY WORKS』7.20広尾にオープン!

2020/7/19 643

7月20日(月)にオープンする食とウェルネスとワークカルチャーを融合した新施設『EAT PLAY WORKS』を体験して参りました! 1階から6階までのフロア全体のコンセプトが「食べて」「遊んで」「仕事して」をコンセプト Read More