ドバイのローカルを求めて @ Old Dubai

ジュメイラモスクを後に向かったのは
スークと呼ばれるマーケットがあるOld Dubai。

なんでも世界一のギラギラなイメージのドバイですが、
やっぱり初の中東だしアラビアンなローカルを感じたい。

ホテルからして運河の手前側、オールドスークからスタート。

IMG_2748

ホテルのアラビアンだけどウエスタンな雰囲気とは全く変わり
町行く人々もアラビアンな装いで異国感あふれます。

気になる街中でのドレスコードですが、
もちろんイスラム国家なので必要以上の露出をするのは避けたいですが、
宗教的な場所に行かない限り、ドバイでの規制は厳しくない印象です。
駐在員も多いですし、観光客も多いので、その辺りは容認されているようです。

町にはいたるところにイスラム文化を象徴するアラベスク模様が。

IMG_2511

大小ありますが、モスクもいろいろなところに点在。

ラピスラズリのような冴えたブルーはエキゾチック。
タイルワークもいろいろなところで見られます。

IMG_2745

オールドスークではファブリック関係が中心に集まります。

しかし、正直言ってかなり観光地な印象。
客引きも多く積極的にスカーフやら民族衣装を勧められます。

アラビアンな雰囲気は味わえますが、オーセンティックな感じは薄い場所です。

IMG_2503

こんなアラビアンなデザインのシューズを発見。

もちろんディスプレイ用ですが、旅の思い出に購入。

未だに物価が安いのか高いのかの判断が難しい土地ですが、
こちらは日本円で500円ほど。

IMG_2504

機内食を最後に何も口にしていなかったので、
急激な空腹に襲われたところで、スーク内で人が食べているのを発見。

この際なんだかわからなかったが、食べれればいいやと
その場で食べている人と同じものをとりあえずオーダー。

ホットサンドのようなもので、間に卵とチーズが。
ソースを除いては、普通に美味しいサンドイッチの味。

お値段150円ほど。
やはりかなりローカルなところは、そんなに高いわけではないのかも。。。

IMG_2514

オールドスークも一通り周り、
運河の反対側、ゴールドスークとスパイススークへ!

移動はアブラと呼ばれるこの船で行きます。

IMG_2518

皮肉にもドバイの中で一番オーセンティックな経験というのが
このアブラに乗船して反対側に渡ったことかも。。。

スークは地元の人も利用しているのだが、
かなり観光地向けな印象が払拭できず
リアルな地元感を感じたいならアブラ体験はマスト。

料金も地元密着感あるAED1!
庶民の足なのかもしれません。

IMG_2523

観光地というのは実にうまくできている。

反対岸につくと、降りてすぐにジェラート屋さんが!
血糖値も下がりつつ、キャメルミルクの文字についつい。。。

ドバイならではと思い、キャメルミルクとデーツ味をチョイス。
個人的にはキャメルミルクがクリーミーで美味。

IMG_2528

今回の旅で、絶対に訪れたかった場所の一つ、ゴールドスーク。

通りが軒を連ねて、宝石店。

観光客も多くいますが、地元のエミラティの皆さんもアバヤを着用してお買い物。

IMG_2529

これぞ、ゴールドスークの迫力!

ショーウインドーはゴールドで埋め尽くされ、まばゆい。

エキゾチックなゴールドのジュエリーを買う気満々で訪れたのですが、
デザインの迫力がありすぎ、個人的な好みとは若干の差が。

もっと時間があれば、じっくり粘って探すこともできたかもですが、
金を買うことが今回の旅の第一目的ではないので断念。

とりあえず、オイルマネーの華やかさを垣間見ました。

IMG_2525

続いて、隣接するスパイススーク。

細い通りには、所狭しと様々なスパイスが並んでいます。

香りもしっかり異国情緒。
その昔、アラブの商人たちがスパイス貿易で栄華を極めた光景を思わせられます。

これといって、買いたいスパイスがあれば事前リサーチしたのでしょうが、
ローカルの雰囲気を感じたいという流れでやってきたので、
スパイスを購入しようにもクオリティ、金額の相場がわからず。

というわけで、見てるだけー。

それでも十分楽しめる場所ではあります。

IMG_2497

すぐに食べることができるし、敷居が低めなのが
ドライフルーツやナッツ類。

こんな感じで豪快に陳列されています。
味付けのバリエも豊富で、チーズカシューをおやつに購入。

IMG_2498

ターキッシュデライトのようなスイーツもたくさん。

ドバイの皆さんは甘いもの好きのようです。

オールドドバイを後にして、個人的にふと感じたのは、
ドバイは古い伝統よりも新しいこれでもか!ってものを感じる場所。

しかし、観光客にも優しく、中東初心者には入りやすいのかもしれません。

AZUMI

AZUMI KURITA

Hip Traveler / Life Coach

More stories from this editor


「Tasting South Australia 2021」4月24日(土)渋谷スクランブルスクエアにて開催!

2021/4/23 179

近年、オーガニックやエコ大国として特に注目が集まっているオーストラリア。 とりわけ南オーストラリア州は、サステナブルなモノづくりを行うパイオニアでもあります。 観光客の多い主要都市ほどは知られていない、しかし豊かな自然の Read More

美食の国フランス生まれのグルメバーガーBIG Fernand

2021/4/15 115

ハンバーガーと言ったらアメリカですが、美食の国フランス“パリ”で生まれたBIG Fernandでグルメなハンバーガーをいただきました。 行ったのは、カンヌの駅のすぐそば。 お店も新しくロッジ風の素敵なインテリア。ところど Read More

京都でスカンジナビアを感じさせるミニマルなホテル

2021/4/15 173

なぜここに?!京都のディープなところにできた北欧デザインのホテル『THE REIGN HOTEL KYOTO』。眠り・食・アート&クリエイティブの質を高めることで、新しい感覚の京都滞在を体験できるデザインホテル。 Read More

ハンドメイドジュエリーブランド『GAGAN Atelier 』2021/3/19(金)世田谷にGrand Open!

2021/3/19 438

特別感のあるジュエリーが大事にずっと身に纏える… ハンドメイドジュエリー『GAGAN(ガガン)』 職人がジュエリーを制作するアトリエ兼ショップ『GAGAN Atelier(ガガンアトリエ)』が世田谷に2021 Read More