砂漠の中の隠れ家リゾート @ Al Maha

ドバイが砂漠国なのは知っているけれど、繁華街のど真ん中にいては砂漠感は味わえません。

調べると、ドバイから約1時間程度の距離で訪れることができる砂漠ホテルは2つあるようで、Bab Al ShamesAl Mahaというのがヒットしました。
後者はなんと自然保護区内にあるらしく、本格的な砂漠を味わえるのではないかと選択。

その昔、アラブの商人がラクダで行き来したような、一面の砂漠模様を体験しに、いざ出発。

ここで少し、注意事項。
ドバイのタクシーはほぼ英語が通じるし、親切なのですが、この隔離された砂漠リゾートは知っている人が少ないようなので、地図を事前に用意するか、わかる人を確認の上向かった方が安全。

IMG_3162

ホテルからタクシーに揺られ、約1時間。
延々と続く砂漠の中のハイウェイを抜け、側道に入っていくといよいよ本格的な砂漠!

突如、金網に囲まれた場所に出て、ガードマンがいるゲートに到着。
どうやら、自然保護区についたようです。
そして、セキュリティは厳重でホテルゲストか関係者しか入れないよう。

そこから、ぐんぐん進んでいくと、ホテルのゲートを発見!

IMG_3164

おお!ついにホテル!と思いきや、まだまだ道が続きます。

ホテルの敷地内のようですが、砂漠しかない。
そして、野生の動物たちが気ままに生活をしています。

IMG_3176

5分ほど経ったでしょうか、ついに建物が見え、ホテルのレセプションに到着。

ドバイのダウンタウンとここが同じ国であるとは思いがたいほどのギャップ。

建物はなんという建築様式なのかはわかりませんが、砂漠に馴染む異国空間。

IMG_3193

メインロビーは自然光が差し込んで、優しい上質空間。

アラビアンなディテールが気分を盛り上げてくれます。

IMG_3191

さてさて、チェックイン。

こんな素敵なお部屋に通されました。

IMG_3165

ホテルのスタッフに囲まれ、ウェルカムの後にフレッシュな飲み物もサーブされ、移動の疲れを癒してくれます。

IMG_3173

待ちに待ったお部屋に到着!

こちらのホテルは全てがスイート仕様になっていて、それぞれ独立したコテージにお庭とプールが付いています。

砂漠に住む、ベドウィン族が使うテントを思わせるような内装デザインなのだそう。

IMG_3172

お部屋にはいたるところに、いろいろなアンティークがディスプレイされていて、その説明を読むだけでも贅沢な体験。

IMG_3168

自然保護区はもちろん、決定的な加点となったのがこのプール。

自分のお部屋からこの砂漠景色を独り占めできるのは最高の贅沢!
しかも、温水になっているので、寒暖差の激しい砂漠でも時間を気にせず泳げます。

IMG_3525

こんな心遣いも嬉しい。

お部屋に用意してあるアメニティにこんなものまで。

このピクチャレスクな景色を前にしたら、アーティスティックな気分になってしまうのは理解できるかも。

 

Al Maha

http://www.al-maha.com/

AZUMI

AZUMI KURITA

Hip Traveler / Life Coach

More stories from this editor


歌舞伎×テクノロジーで義経の世界が渋谷に!カブキノヒカリ展@hmv museum

2019/3/9 1069

3月9日(土)〜3月31日(日)の期間限定で「hmv museum」にて開催される『カブキノヒカリ展 exhibition:the lighting art of KABUKI』をご紹介いたします! 松竹株式会社が主催す Read More

絶叫!バンコクの摩天楼 マハナコン スカイウォーク

2019/3/3 2383

バンコクの摩天楼 キングパワー マハナコン(King Power Mahanakhon )最上階314mに、昨年オープンした世界最大級の面積を誇るマハナコン スカイウォークを体験してきました。 建物の外観はご覧の通り 超 Read More

バンコク チャオプラヤー川辺りの絶景レストラン

2019/2/5 1902

バンコク国際空港から多少渋滞の道を車でしばらく走り、巨大な仏像や美術品がある静寂な寺院 ワット ポーの側道をにけて たどり着いたのは、先年オープンしたバンコクで大人気のタイ料理レストラン『Chom Arun』 黄昏に霞む Read More

山の稜線に築かれた旧ブルガリア王国の古都 ヴェリコタルノヴォ

2019/2/1 2026

今回、ご紹介するヴェリコタルノヴォは12世紀から14世紀にかけてのブルガリア王国の首都であった。われわれ日本人的には大相撲の琴欧州の出身地としてのほうが通りがよいかもしれない。とにかくこのヴェリコタルノヴォは壮大で自分的 Read More