名門会員制倶楽部 @ The China Club Hong Kong

アートウィーク期間中の香港は世界中からコレクターやバイヤーが集結するため、名の通ったレストランは連日満席。

そして、中でも競争率が高いのが、香港の名門会員制倶楽部、The China Club
植民地時代の歴史ある建物、セントラルの中国銀行の上階にあり、アート関係者にも嬉しいコンテンポラリーアートの宝庫。

残念ながら、クローズドな倶楽部なので、メンバーであるか、メンバーの人に予約してもらわないと入ることはできません。

今回は、東京からアート関係者グループが集まっていたので、私も便乗させていただくことに。

IMG_1166

建物はオールドチャイナを思わせる、重厚感ある誂えの中に、たくさんのアート作品が点在します。

あ、金魚が泳いでる。
と思いきや、立派なアートでした!

IMG_1131

こちらがメインダイニングの様子。

イギリス統治時代の華やかさに現代美術がアクセントになり、独特の雰囲気を醸しています。

当然ながら、満席だったようで、レストランはアートフェア会場で見かけた顔で賑わっていました。

IMG_2253

お料理は王道な中華料理を楽しめます。

中華の高級食材の一つと言えば、アワビ。

干しアワビの煮物に、鳥の足が入っていると思いきや、なんと、アヒルの足でした!
しっかり足ヒレも骨と骨の間にあり、リアルな一品。

思う存分、コラーゲンを摂取した感じです。

IMG_2254

こちらもまたまた豪勢な一品。

クエの煮物。

香菜と一緒に調理されているため、全く臭みもなく、さっぱり中華風味。
繊細な味わいが嬉しい。

写真はないのですが、北京ダックもいただきました。

ダックを包む皮も薄めで粉なっぽさがなく、味噌のまろやかさも絶品のマリアージュでした。

香港に住んでいても、街中の中華料理屋さんで出るカジュアルなヌードルとこういった高級中華は全く別物で、中華料理の奥深さを感じるお料理たちでした。

IMG_2255

最後の締めはさっぱり派の私は、マンゴーのデザート。
中にタピオカとサゴと呼ばれる柑橘類が入っている爽やかなスイーツです。

さっぱりさっぱり。

IMG_2220

そして、中華料理の締めの定番は、フォーチューンクッキー。

クッキーの中にメッセージが入った占いクッキー。
クッキーを砕きながら、メッセージを読みあう団欒タイム。

さすがのThe China Clubなのは、クッキーにまで倶楽部のロゴ入りです。
抜かりなくて関心。

今は老朽化も進み、なくなりつつあるコロニアル時代の建物。
貴重な文化財の中で楽しむレトロな時間は特別なもの。

素敵な時間を共有させていただけたことに感謝。

 

The China Club Hong Kong

http://www.chinaclub.com.sg/?id=about-worldwide

AZUMI

AZUMI KURITA

Hip Traveler / Life Coach

More stories from this editor


原色の街 ボゴタ!コロンビアって知ってる?!

2019/1/1 1116

みなさん、コロンビアって国ご存知ですか?名前はわかるけど、場所がわからない人は、多いのでは?南米の北端にある国ですが、ちょっと旅行するには危ないのではと思う方々が大半では。。。今回はそのコロンビアの首都ボゴタについて書か Read More

NAMAN/ベトナム・ダナン

2018/12/28 1043

今、注目のリゾート地…ベトナム第三の都市ダナンへ行ってきました! 今回泊まったのは「ナマンリトリート」。 敷地内の建物がバンブー中心で、ベトナムの伝統文化と現代建築が融合したゆったりとした時間を感じられる空間。 日射しは Read More

イスラム教に触れる シェイク・ザイード グランドモスク

2018/12/18 1336

無宗教の私からみるとイスラム教に対しては何の見分も無いけどポジティブな印象はありませんでした。でもドバイで『アバヤ』に身を包んだ美しい女性達に出逢ってからイスラム教へ興味を持つように。 ドバイから車でいけるアブダビに異教 Read More

Nipponのいいとこシリーズ  紙漉き体験場 紙to和 大阪

2018/12/11 1298

みなさん、紙漉きをやったことありますか?もちろんないですよね!言葉だけは聞いたことあるが, というのが大半じゃないでしょうか?紙漉きは、日本古来の製法で和紙を作る作業のことです。そんな和紙作りの体験が大阪にある「紙to和 Read More