贅沢な砂漠時間 @ Al Maha

砂漠ホテルでの滞在時間がたった1泊というのが実に残念なのですが、この少ない時間でも都会とはがらっと異なる最高の環境に心身ともに深いリラックスとデトックスができた感じです。

この素敵なホテル、Al Mahaについてもう少しご紹介。

IMG_3529

ご覧のようにホテルは砂漠の中に所在し、各コテージまでも砂漠道の中を通って移動します。

しかし、本当の砂漠エリアにゲストが出て行ってしまわないように、ブッシュなどで自然に境界線が引かれています。
自然の中に溶け込めるよう細部までこだわったランドスケープデザインはさすがです。

IMG_3240

ホテルも自然保護区内にあるだけあり、野生のガゼルなどが敷地内をウロウロ。

近寄っては来ませんが、人が通っても、黙々と自分たちの日常を送っています。

IMG_3217

コテージにあるプライベートガーデンにもガゼルはやって来ます。

庭にあるグリーンを食べたり、プールのお水も天然水のようで飲みに来たりするそう。

もちろん、自然のものを食べて生きている動物達なので、餌をあげたりするのは禁物。
そっとしておいてあげるのが、マナーです。

IMG_3211

プライベートプールからの眺めは特別!

前方に遮るものもなく、砂漠の大パノラマが広がります。
こんな景色を見ながら、水にプカプカ。

IMG_3197

心身ともに癒され、ご満悦。

各コテージも隣のコテージと距離があり、さらに砂漠に向かっての角度が工夫されているため、誰からも見られることない落ち着く設計です。

実際、外にいて砂が舞っている感じはしないのですが、携帯などを置いておくとすぐにザラザラするので、細かい粒子が舞っているのだと思います。
水着などを乾かす場合は、室内にした方がよさそうですよ。

IMG_3182

施設内にはバーラウンジとメインダイニングが1つずつあります。

こちらはバーラウンジのバルコニーからの眺め。
こちらで水パイプをくゆらすこともできます。

IMG_3595

メインダイニングはメインロビーを降りたところにあります。

パティオを抜けるとダイニングテーブルが並びます。

IMG_3512

朝食はメインをメニューから選び、サイドはビュッフェから選ぶスタイルでした。

無骨なアラビアンな感じが、バケーション気分を高めてくれます。

IMG_3517

天井のシャンデリアもアンティークなアラビアンテイスト。

デコレーションの細部に施されたアラベスク模様も素敵。

IMG_3506

この大自然を少しでも味わいたくて、テーブルはテラス席に。

IMG_3508

メインに選んだのはインディアンスタイルの卵料理。
卵の味付けが少しカレーっぽいようなお味です。

大都会あり、大自然あり、凝縮のドバイトリップでしたが、ついに帰路につきます。

今まで訪れたことがなかった未知の中東。
いい意味での意外なたくさん裏切りがあり、イスラム文化の美しさにはまっていく旅でした。
これをきっかけに、また異なる中東の国を訪れたいなと思っています。

 

Al Maha

http://www.al-maha.com/

AZUMI

AZUMI KURITA

Hip Traveler / Life Coach

More stories from this editor


歌舞伎×テクノロジーで義経の世界が渋谷に!カブキノヒカリ展@hmv museum

2019/3/9 1069

3月9日(土)〜3月31日(日)の期間限定で「hmv museum」にて開催される『カブキノヒカリ展 exhibition:the lighting art of KABUKI』をご紹介いたします! 松竹株式会社が主催す Read More

絶叫!バンコクの摩天楼 マハナコン スカイウォーク

2019/3/3 2383

バンコクの摩天楼 キングパワー マハナコン(King Power Mahanakhon )最上階314mに、昨年オープンした世界最大級の面積を誇るマハナコン スカイウォークを体験してきました。 建物の外観はご覧の通り 超 Read More

バンコク チャオプラヤー川辺りの絶景レストラン

2019/2/5 1902

バンコク国際空港から多少渋滞の道を車でしばらく走り、巨大な仏像や美術品がある静寂な寺院 ワット ポーの側道をにけて たどり着いたのは、先年オープンしたバンコクで大人気のタイ料理レストラン『Chom Arun』 黄昏に霞む Read More

山の稜線に築かれた旧ブルガリア王国の古都 ヴェリコタルノヴォ

2019/2/1 2026

今回、ご紹介するヴェリコタルノヴォは12世紀から14世紀にかけてのブルガリア王国の首都であった。われわれ日本人的には大相撲の琴欧州の出身地としてのほうが通りがよいかもしれない。とにかくこのヴェリコタルノヴォは壮大で自分的 Read More