グアムでビーチに降りられる朝ごはんスポットはここ!

今回の旅の最終デスティネーションはロタ島!
グアムで飛行機を乗り換えて、東京から合計3時間半くらいのフライトで行くことができます。
ただし乗り換え時間を入れると約15時間 (^^;)
そこで、そのなが~いトランジットを使ってグアムを朝にちょこっと楽しんできました!

グアムに到着したのは深夜1時頃だったので、まずは空港のベンチで就寝!

グアムの空港のベンチで夜を過ごす

ベンチも大きくて柔らかいので寝心地はとても良かったのですが・・・冷房が効いていてとにかく寒い!
空港で夜を過ごす事を考えている方は是非厚着で。

というわけで、無事に空港で朝を迎えました。
すると、次のフライトがお昼過ぎなのでこれは朝ごはんを食べにちょっと空港を出られるのではないか?というアイディアが!

早速、外にでてタクシーを呼び、インターネットで検索して出てきたグアムのオススメの朝ごはんスポットに行ってみることに。
空港近くに海が見えるカフェがあるらしい!

晴天の日のグアムの空港の駐車場と国旗

とにかく空が青い!これだけで、旅のワクワク度が一気に上がります。
旅の時に南国にいるという実感がさらに強まる瞬間の一つです。

グアムの空港で撮影したセルフィー

この椰子の木も、まさに南国という感じ!

グアムの空港の椰子の木の前でタクシーを待つ

グアム国際空港からタクシーで約8分。向かった先は「Ture’ Cafe (トゥーレカフェ)」。
ビーチに降りることもできると聞いて行ってみることにしました。

グアムにあるカフェ「TuRe Cafe」トゥーレカフェ

行ってみると、確かに小さなテラス席が。
ビーチのすぐ横にあるカフェであることがわかります。

グアムのTuRe Cafeのテラス席

早速ビーチに降りて写真撮影。
ここは人気写真スポットのようで、Instagramを見るとみーんなこの椰子の木の横で撮影していました!

TuRe Cafeから降りられる椰子の木のあるビーチ

そして、今回注文した朝ごはんはこちら。
サーモンのエッグベネディクトとフライドライス(炒飯)。
朝ごはんにしては少し量が多めでしたが、美味しかったです!

Ture Cafeの朝ごはん、エッグベネディクトとフライドライス

朝ごはんを頂いた後、まだフライトまでは少し時間があるのでゆっくり。
波の音を聞きながらの朝ごはんは旅のスタートにぴったりでした!

グアムの椰子の木の見えるカフェに座る

6:30AMから営業しているので、乗り換えが短時間でも行けちゃうかもしれませんね。

ビーチも好き、朝ごはんも好きな方!グアムに行かれる際は是非「Ture’ Cafe」へ!

——————–

TuRe’ Cafe (トゥーレカフェ)
349 Marine Corp Drive
Hagåtña, Guam 96932

電話番号: (671) 479-8873
アクセス: 空港から車で約8分

MIWAZA JEMIMAH

Videographer, Photographer

More stories from this editor


【動画】178ドルは安い?高い?クアンシーの滝&メコン川クルーズツアー

2019/8/20 303

ラオス ルアンパバーンから車で40分のところにあるクアンシーの滝にて水遊びをし、その後メコン川の夕日とともにエレガントにサンセットクルーズ。 ホテルからオススメツアーを申し込んだのですが、国家資格を持ったガイドと車のチャ Read More

【動画】18世紀にタイムスリップ?!ラオス ルアン・パバーンでタイムレスなエレガンスを体験

2019/8/19 298

ユネスコ世界遺産 ラオスの京都と呼ばれているルアン・パバーンの町には、「ザ ルアン サイ レジデンス(The Luang Say Residence)」というフレンチコロニアル様式5つ星ホテルがあります。トリップアドバイ Read More

【動画】バンコクで最も絶景!地上311メートルにあるガラスの床からインスタ映え

2019/7/23 1047

タイ バンコクに行ったことがある人はちょっと欠けた不思議な高層ビルを見たことがあるだろう。その名も「キングパワー・マハナコン(King Power Mahanakhon)」は、スカイウォーク・レストラン・レジデンス・免税 Read More

【動画】1泊5万円で95平米バトラー付のスイート体験 in バンコク

2019/7/11 1448

バンコクといえばラグジュアリーをお得に体験する最高の都市です。今回は、1泊5万円から泊まれるバンコクの高級ショッピングエリアの中心であるエムクォーティエ(EmQuartier)やエンポリアム(Empolium)付近日本人 Read More